スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな存在でした

コネたんが天国へ行ってしまって一ヶ月経ちました。

9月の初め頃は毎朝目覚めた時に
あ、もういないんだな……って思い悲しくなりました。

でも外に出かけていて一瞬、早く帰らないとコネたんが待ってる!って慌てている自分がいました。
そして、あ~そうだった……
もう慌てて帰らなくてよかったんだ……
と気がついてやるせない思いがしました。

今でも時々、コネたんがいるような気配を感じる事があります。
ふと、本当にふと、いるって思い込んでいるんです。

22年ってやっぱり長かったんだなぁ、と思います。


facebookでは「号泣シリーズ」をたまに投稿してすみません^^;


コネたんのいない生活には少し慣れましたが、
ニャンコの話題にコネたんを思い出すとやっぱりすごく恋しくて、たまらなく会いたくなってしまうんです。


コネたんはこの1ヶ月の間に2回夢に出てきてくれました。

一度目はコネたんが亡くなって一週間経った頃です。

目覚める寸前だったので、まるで現実のようにリアルな感触の夢でした。

私は黒いお母さん猫と2匹の子猫と一緒にいました。
そこにコネたんがやって来て
私の左腕に絡みついて来ました。

毛の感触も温もりもコネたんそのもので、
なつかしいコネたんの香りがしました。

でも夢か現実かわからない中で私は
「これは夢だ。だってコネたんはもういないんだもの。
今抱っこしているのはジェラトーニちゃんなんだ(ニャンコのぬいぐるみ)」
と一生懸命に言い聞かせているのです。

そして目が覚めてしばらくボンヤリとリアルに残っているコネたんの感触を思い出していました。

ほら、やっぱり夢だった。
でも、もしかしたら本当にここにいたのかもな……
そんな気がしました。


2回目は、3週間ぐらい経った頃。

私は6年前先に天国へ行ったナンナンちゃんと一緒にいました。

そこに突然コネたんが現れて、グイグイと私の膝の上に乗ってきたのです。
夢の中でこれは夢だ、とは思いませんでした。

コネたんがいるのが当然のように思っていて、
コネたん、ヤキモチ妬いたの?
よしよし、抱っこしてあげようね、と抱き上げると、それは若い時の肉付きの良いコネたんでした。

懐かしい若い日のコネたんの感触、もう忘れていたものでした。

目が覚めてから夢を思い出して、あぁ、ナンちゃんのところに行ってしまったんだなぁって思いました。
ライバルだったけど、天国では仲良くしてるかな。





コネたんがお空に帰った日…

花束を送ってくださったろんさん、ありがとうございます。
お気に入りだった場所に供えさせていただきました。



先日久しぶりで娘のお母さま友の皆さんと楽しいひと時を過ごしました。

ずいぶん心配してくださって、おうちにワンちゃんやにゃんこがいる方はもちろん、いない方もすごく私の寂しい気持ちを分かってくださって、お友達っていいものだなぁ、と思いました。

そしたら、沈んでいた気持ちも少しずつ明るくなってきました。

家族はみんな同じようにさみしいので、顔を合わすとコネに会いたいね~とか、
夢見たよ~、とか言い合って、
最後は、さみしいね~ってなってしまうのです。

それでも、ママが一番コネちゃんと長くいたからさみしいのもひとしおだよね~って思いやってくれます。


確かに、延べ時間にしたらどの家族より長い時間を私と一緒にいたかも、です。
子育てもずいぶん手伝ってもらいました。

時には、ネズミやセミのプレゼントももらったし、私のこととっても大事に思ってくれてたよね、コネたん♡
あの時、ギャーーーーって言ってごめんね。


ブログやフェイスブック、ツイッターなどでもお悔やみや慰めの言葉をいただいて、本当にありがとうございます。
とっても慰められました。



天国でコネたんが生き別れになったおかーちゃんや兄弟たちとまた会えていたらいいな、と思います。

でも長生き家系だったらもしかするとコネたんが一番乗りかもね、と家族で話したりしています。



日本の片隅に、22年と半年、
家族に幸せを運んでくれた黒猫がいた事を覚えていてくださったら嬉しいです。



コネたんありがとう。
また会いましょうね。

天国でいっぱい走ってるかな~







スポンサーサイト

コネちゃんは天国へ帰りました

9月4日 日曜日お昼ごろ
コネちゃんは22歳と6ヶ月で天国へと帰って行きました。



ハムテルせんせいは
「数々の奇跡を起こしたコネちゃんやから……」と、がんばって治療してくださいましたが
その日は来てしまいました。



いっぱい書きたい事があるような、
何にも書けないような
複雑な気持ちです。


今は……ありがとうの言葉しかみつかりません……



夜中の3時ごろまでは
ゴハンを食べようとしていました。
小さな注射器でお水を口元へ持っていくと
かわいい舌でペロペロとお水を飲みました。


生きる事に一生懸命だったコネちゃんでした。


コネちゃん、また会おうね。
長い間ゲボクにさせてもらってほんとにありがとう。

私の子育てを見守ってくれて本当にありがとう。




明日お別れします。
さみしいです……


コネたんのごきげん

すっかりコネたんブログになってしまいました^^;

他にも書きたいなぁ~と思うことはいっぱいあるのですが、ゲボク業が忙しくてゆっくりとPCに向かっている時間がない…………
というか、そんな気持ちにならない…の方が合ってるかもです。


Facebookにはちょこちょこ書いていましたが、
6月の半ば頃、急にご飯が食べられなくなってしまったコネたん。
抜歯の後はだいたい10日~2週間に一度位の感じで補液に通いながらごきげんよく過ごしていたのですが………

あわててびょーいんに行き血液検査をしてみると、数字的には非常に厳しい、との診断でした。

ボンヤリとして、大嫌いな診察台の上でも立ち上がることもなくグッタリしていました。
尿素窒素の値が3桁になってい、ハムテルせんせいには「尿毒症」と言われました。

とにかく、点滴を続けてオチッコをどんどん出す、対症療法ですがそれしかありません。


4日続けて点滴をしたところで、ハムテルせんせいから、
「治療を続けても治る、という事は無いのですが、このまま点滴を一日置き位で続けますか?
どうされますか?
ご家族でよく相談してみてください」
と言われました。

家族みんな、同じ気持ちでした。

コネたんがご飯を食べて生きようとしているんだから、びょーいんは嫌だろうけど、点滴に通いましょう。
少しでも、体が楽になるように、ごはんを食べるのが嬉しい、と言う生活ができるように、ゲボク一同頑張りましょう、という事に決定!


それから約3週間。
今週に入ってから急激に食欲が回復して、減る一方だった体重が100gほど増えました^_^

ふ、ふっかつ〜〜ヽ(;▽;)ノ

ハムテルせんせいは
「この数値で食べられるという事が考えられない事なんですけどね~
コネちゃんすごいですね。
なんか………
神々しさすら感じます。」と言って下さいます。


気持ちの良い風が入って来るときはベランダにも出てみたりして、
猫らしく穏やかに暮らしています。


いつまでもいつまでも永遠になんて命はあるものでは無いけれど、それは私達だって同じ事。
生きている間は幸せでいてほしい。

そのためにできることがあるのなら、精一杯やってあげたいと思います。

コネたんの幸せはゲボクの幸せ。

コネたんがお腹いっぱいになってコロンと眠っていると、
家族みんなが幸せになるのです^_^


コネたん、ありがとうネ!



あーお腹いっぱい❤️びょーいんなかったら言うこと無いんやけどな~
ま、ぼちぼちがんばります




コネたん元気です❤️

ご無沙汰しておりますm(_ _)m

先日、カメラマンのおーたさんが「ボクのおかーちゃんへ」をFacebookでシェアして下さったら、二日続けてものすごい数の(このブログにしては、ですけど。あくまで)の方がアクセスして下さってびっくりポン(もうちょっと古いですかぁ~(^^;;)


それなのに、ブログちゃんと書かないから、その後順調に激減しました(^^;;


全身麻酔をして抜歯してから1ヶ月半ほど経ち、こねたんは ハムテルせんせいのお診たて通り寿命が延びました。
気候もニャンコには嬉しい暖かさになり、食欲もあります。



『おいちいおいちい~お口が痛くない~~』


補液ですが、ハムテルせんせいは
「食欲が落ちたかなって思う直前が補液のタイミング」
と難しい事をおっしゃいます。


わからないです~~、と訴えたのですが、

「エスペロさんの主観でいいと思いますよ。飼い主さんが一番体調わかると思います。」
とおっしゃいます。

あの時、こうやっといたらよかった、って後で後悔したくないんです~~とさらに訴えましたが、


「エスペロさんね、もうね、充分すぎる位やってはります。
だから、コネちゃんは麻酔にも耐えられたし、ボクも、やったらアカン100歳超えの全身麻酔やろか、って思いきれたんです。」

「エスペロさんとコネちゃんのペースでゆるゆると機嫌よく過ごしてくださいね」

「コネちゃんまだまだエネルギーある感じしますよ。」
と……………


ホッペに穴の時は、せんせいも、もうあかんかも、と思われたそうです。
確かに、あの時のコネは負のオーラ出てましたもんねぇ……とつぶやいたら、せんせいにウケました(笑)

ここ2週間ほど、元気で食欲もあるのでびょーいん行ってません。
好きなゴハンもちょっと種類が増えました。



丈夫な心と体に産んでくださったコネたんのおかーちゃんさん、
本当にありがとう!

コネはゆるゆるがんばってます^_^



『写真なんか撮ってんとゴハンちょーだい』


災難

コネたんは抜歯から一週間経ち、食欲も戻って元気になりました^_^


一昨日、抱っこして窓から外を見せてあげて、猫ベッドに戻して、顎でも撫でてあげてイチャイチャしようとしたところで……


なんでかなぁ………


コネたんにガブッとやられてしまいました(´・_・`)

抜歯は本当に悪かった右奥歯の上の歯だけで、あとは全部ちゃんと機能していたので歯石だけ取って全部揃っているんです。

キバ、とてもしっかりしていて、1本がグサリと刺さり抜けなくなるほどの勢いでした(T . T)


傷口はほんの小さなものなのですが、2、3時間して広範囲に腫れてきて、物も持てないほど痛くなってきました。


一晩経つと、傷口を中心にして肘から手首までの半分くらいが真っ赤に熱を持ち、硬く腫れてしまいました。


そんなわけで昨日は自分のお医者さんに行きました。


お医者さん、一目ご覧になって
「あ、これ、あかんやつやね」
「どんなネコに噛まれたんですか?」
とお尋ねに……

たぶん、ノラ猫ならさらに感染症がキケンだと思われての事だったのでは、と今になって思うのですが、
私ったら…

「あ、はい、22歳のおじいちゃん猫で~」とお答えしてしまいました^^;
意外な事にお医者さん、そこに関心を持たれて

「22歳て!!人間で言うたらいくつ?え?100歳超えてるの!!
で、歯、あるの?すごいね~~」

とお話が弾みました^^;


抗生剤の点滴をして、傷口と腫脹の激しい部分にお薬を塗ってもらい、ガーゼしてネットして……
飲み薬もいただき、なかなか大そうな事になってしまいました……






痛いですまだ(T . T)


コネたん、やっぱり麻酔や抜歯や入院………静か~に怒ってたんだなぁ、と思いました。




『言うとくけどな、災難はこっちやからな!』




どんなに可愛くて家族のような存在のニャンコでも、咬み傷は結構キケンだそうです。
気をつけなくちゃ、と思いました。



コネたん復活

長い長いブランクでしたね~(ヒトごとのように……^^;)


ずっとコネたんがグズグズ具合悪くしていました。

始まりは昨年の夏……
右のホッペがプクンと腫れて、どうしたのかな、とお医者さんへ行ってみると歯肉炎でした。
その時は抗生剤の注射ですぐに治ったのですが、年末あたりから何度もぶり返すようになり、今年に入ってついにホッペに穴が空いてしまいました。

右上の奥歯に歯石が溜まり、歯肉炎を起こしてホッペタを貫通してウミが出る、と言うなんともかわいそうなことになってしまいました。

それでも食べることをあきらめないコネ……^^;

食べるとアナから血の混じったヨダレがタラ~~ッと垂れてきます。
テッシュで拭きながら何とかゴハンを食べさせ、びょーいん通いをしていたのですが、穴がふさがるとまた中でウミが溜まり、溜まるとハジけてまたホッペに穴が………

こんな事を繰り返す間にどんどん体重は減り、元気も無くなってきました。

ハムテルせんせいは、
「このままでは弱ってしまうしそのまま死んでしまうと思います。
何より、口が痛い、食べられないのはかわいそうすぎる。
飼主さんの考え方だが、今ならまだ抜歯に耐えられるかも」
とおっしゃいました。

「歳もとってるし、全身麻酔じゃなくても、前麻酔の段階のボーッとするお薬でスルッと抜けるかも」
とのお診たてだったので、思い切って抜歯してもらう事にしました。


とは言え、何しろ100歳超え………
何があるかわからないので、前日は「きょうが最後かも……」なんて気持ちがふっとわいて、慌てて打ち消し……
大丈夫大丈夫!コネたんは強い子だから!!と思い直したり………
眠れない夜を過ごしました。


当日は家にいると気が滅入るので、大学がまだ始まっていなかった娘に誘われ街に出てお茶してちょこっとお花見して気を紛らわせていました。





夕方、ハムテルせんせいから無事終了とのお電話を頂いた時には本当にホッとしましたが、腎臓も心臓も悪く歳も歳なので一晩入院する事になりました。

お見舞いに行って抜歯の様子をお聞きすると……

前麻酔のお薬でボーッとはしたらしいのですが、さわると激しく抵抗^^したそうで、
そのままだとかえって危険なので、急遽挿管して全身麻酔に切り替えたそうです。

まだコネは麻酔が覚めたところでボンヤリして、でも興奮状態でした。


一晩入院して昨日の夕方お迎えに行きました。

朝からちゃんとゴハンも食べて元気そうにしていました。

「コネちゃん、これで寿命伸びましたよ。
僕は寿命縮んだけどね。わはは」
とハムテルせんせいに寿命お墨付きを頂き復活しました^_^

せんせい……やっぱり大変だったんですね〜


今日は休憩して明日はまた受診ですが、食欲も戻り元気そうにしています^_^

よかったぁぁぁ~~

22歳の腎臓心臓悪い猫に全身麻酔は「やったらあかん事(ハムテルせんせい談)」だったそうで、それでも無事に戻ってこられたコネたんは

「精神的なテンションが高いんですよ。コネちゃんは。ノラによくいるタイプですね~~(ハムテルせんせい談)」
だそうです。

松江の生粋のノラ家系の猫なのかも………

ご心配くださった方たちありがとうございましたm(__)m



『安心してください。生きてますよ~~』

お久しぶりでコネたんです♡

おほほ・・・^^

気がついたら「スポンサーサイト」がトップに出ておりました^^;


ブログ やめてません

え?なんて???

ブ、ブログ・・・・
やめて・・ません


は???なんて~~????

あのう・・・やめてません~~~


ま~~そんなこんなで(どんなこんな?)久し振りでコネたんの生存確認など・・(笑)


今年の秋は寒くなるのがとっても早くて、もう街路樹も少し色づいてきています。
寒くなってくると、慢性じん不全の猫ちゃんはちょっと危険・・・

腎臓が悪くなると、タンパク質を取り込むことが難しくなりおしっこの中にどんどん出てしまいます。
すると、筋肉の生成が難しくなります。

筋肉が減ると体温維持が難しくなります。

というわけで、寒くなっても自分で体温を維持することができなくなってしまいます。

ハムテルせんせいは、理想的な室温は26度位(tomotanさんのところだと78度くらい~)・・とおっしゃるのですが、
そんなガンガンに暖房入れられないですよ~~(T T)

仕方ないので、あちこちにスポット暖房を入れています。
昼間はお日様が入ってきて温かいのですが、日が落ちてから~朝までは小さなオイルヒーターを二か所、コネたんのお気に入り場所に設置&小さなホカホカお座布団も二か所、という具合で何とか体温維持してもらっています。


先週はちょっと食欲が落ちてしまいましたが、今週は下僕は長袖Tシャツ一枚でもちょっと汗ばむくらいの部屋にして食欲も戻りつつあります。

ご機嫌もよくなりました^^


IMG_4777.png


(めいわくそうに)遊んでくれはります♡

[広告] VPS



古い写真を整理していたら、1歳のころのコネたんの写真が出てきました。

「うっわ!すご!!二、三人ヤッてそうな顔!!!」と子どもたちもビビるこわもてのコネです^^


こわくないですよ~写りがアレなだけ~~
IMG_4774.jpg





コネちゃん
元気に冬をのりきってね!



暑中お見舞い申し上げます~

暑いですね~~!

みなさまいかがお過ごしでしょう。
暑中お見舞い申し上げます~

昨日、京都は公式発表38.5度の猛暑日でした。
今日も同じくらい暑くなるそうです。

でも、もう38度って聞いても驚かなくなってしまいました。
慣れるってこわいです。



先日、コネたん・・なんだか丸顔になったなぁ・・・・と思ったら 右側のほっぺだけがプックリと腫れていました。
その二日前には補液の日でびょーいんへ行っていて、その時はなんともなかったのに・・・


ゴハンも食べにくそうにしていて、食べる気はあるのに食べられない・・・って言う感じだったので急きょお医者さんへ行きました。


右がプックリ・・・
2015y08m02d_121423236.jpg



一目見てハムテルせんせは「あ!コネちゃんほっぺた腫れてるね~」「奥歯かな」
と鋭い診断をして下さいました。


高齢なので麻酔は危険、ということで、歯を抜くという処置はできません・・・
抗生剤と抗炎症剤で様子を見ましょう、と点滴していただきました。


もう、とにかくトシがトシなので、少しのアクシデントも重篤な症状へつながるんじゃないか~~~!!!と下僕は心配で仕方がなく、ウルウルした目でせんせに訴えます・・・

「せんせ!コネちゃん・・・だいじょうぶでしょうか~」


「う~~ん。ま、これで様子見ましょ。あしたまた来てね」
と冷静に対処(下僕に対して)して下さり、結局連続三日同じ処置をしていただきました。


とっても心配しましたが、三日目には腫れが引きました\(^o^)/


でも、三日連続でお医者さんに行ったのでコネたん、完全にスネてしまい、手の上に少量ずつ乗せてお口元までお運びしないとゴハンを食べてくださらなくなってしまい・・・・

下僕、つきっきりでお世話をさせていただきました。


ほっぺが腫れてから一週間・・・・
ようやくご機嫌も直り、ふだんのコネたんに戻りました。


あああ~~~よかったぁ~~~~


お医者さん通いで達観した表情になったコネさま
2015y08m02d_121609964.jpg


うふふ
かわいく撮れてるでしょう~~~^^


実は娘が撮影しましたの。


コネたん、娘にはかわいいお顔できるんですの。


さて!
そんな中、あの、世界的なフォトグラファー太田康介さんが帰省された折、新幹線の乗り換えまでのつかの間のお時間お目にかかる機会がありました。



太田家の「深窓のご令嬢」とらまるちゃんが写真集になりまして
2015y08m02d_121411770.jpg

ちょっと、サインとか、お願いしてみたら快く書いてくださったんです^^


むふふ~自慢しますね~~~

これ~
2015y08m02d_121359798.jpg



「のこされた動物たち」「待ちつづける動物たち」のご本には、絶対にサインを書こうとなさらなかった太田さん・・・


そんな性質の本じゃないですから、と頑なに拒まれました。


でもね、こちらの写真集は太田家のご自慢のお嬢さんたちの写真集。
愛と平和としゃーわせのかたまりの写真集です。


だからサインOK♡


もともとがかわいい上にプロの腕が増し加わり、本当にかわいくて楽しい姿がいっぱいです。



・・・・・コネたん、ごめんね。
長いこと生きててくれてるのにロクな写真が無くって^^;






サインOKなら、京都あたりでミニミニ「太田さんを囲む会」&「サイン会」いかがでしょう^^


また関西に来てくださるといいなぁ~


太田さん、サインありがとうございましたm(_ _)m
家宝にしますね。











お久しぶりのコネたんです^^

もう聞き飽きたと思ってらっしゃるでしょうね・・・・

「お・さ・ぼ・り」

ちょっと油断するとあっという間に日が経ってしまいます・・・


コネたんも私も元気です^^


コネたんは、気候が良くなってからどんどん体調が良くなり、
ハムテルせんせいも驚きのご様子です。

体重も100g増えて 4.1キロになりました。

食欲もあるし、体重が増えると元気もわいてくるのか活動的になり、このまえはおトイレの後久々にちょこちょこ走っていました^^:

物置を整理していると、椅子の上に上ってきました。
こんなに高い場所にコネたんがやってくるのは本当に久しぶりのことです。


なにやってんの~げぼく~~~
FullSizeRender 1ばんめ


椅子の脇に置いてあった捨てる予定のゴチャゴチャが入ったごみ袋を足がかりにしてよじ登ってきました^^:
FullSizeRender 2ばんめ


げぼくの仕事ぶりを見張る~
FullSizeRender3ばんめ


ハムテルせんせいによると、慢性じん不全の猫ちゃんは、やはり暖かい方が調子は良いらしいです。
冬場、どんなに部屋を温めても夏ほどの25度とか26度とかまでは温められないのが日本の家屋ですよね。
ですので、日本のお家は温かくしているつもりでも猫にとってはやはり冬は寒いのです。

オハイオあたりでは冬でも室内は半そでだとか^^猫ちゃんにとっては最適の環境ですね^^

せんせいは「冬はね~、猫はコタツにほりこんどくのが一番いいというのがボクの持論です!」とおっしゃいます。

コタツの中は、猫ちゃんがちょうど嬉しい位の気温になっているんですって。
なるほど~~~~


「ね~こはコータツでまーるくーなる~♪の通りですよ。」
とお歌まで歌って下さるハムテルせんせい^^


好きです~~~~


というわけで、通院もこれまでは1週間~10日に一度の補液でしたが、
12日~2週間に一度くらいで調子よくやっています^^

先日亡くなったタマ駅長も、そろそろ引退してのんびり過ごしていたらもう少し長生きだったんじゃないかなぁ~・・・なんて話をせんせいとしました。

せんせいも、「猫の仕事は寝て食べてちょこっと遊ぶ、ですからね~」っておっしゃってました。
同感!


コネたんは、毎日「猫のお仕事」にいそしみ、猫としての充実した日々を過ごしています^^


いいなぁ~~
生まれ変わるときは、ぜったい猫がいい!

もうちょっとお金持ちのお家の優雅な飼い猫がいいかな^^;


よーし!猫のお仕事がんばるにゃん
ぶろーぐよう


お仕事中
蜀咏悄+konetan_convert_20150628161755 これつかう~







※口永良部島のジュウタロウくんは無事に保護されて飼い主さんと一緒に避難しているそうです。
  口永良部、2週間ぶりペット救出 40人が一時帰島ーー2015年6月12日
  その後のこと・・・気になります。



ボクのおかーちゃんへ

おかーちゃん
ボク
こねおですにゃ



2015y05m10d_191824555.jpg



・・・わからへんかなぁ・・・
もう21年も経ってしもたし・・・


おかーちゃん
これやったら
ボクのことわかる?


2015y05m10d_192215473.jpg


まいごになった次の日の写真・・・


島根県の松江市の小さい公園で、ボクまいごになってしもた


おかーちゃん、おかーちゃんって何回も呼んだけど、
おかーちゃん、どこにもいーひんかった・・・

だんだん暗くなるし、おなかすくし、泣きそうやった・・・

そしたらな、
向こうからな、
ちょうど人間が歩いて来てん


その時、
おかーちゃんが ボクらにおっぱいくれながら
言うてたこと思い出してん!



「もしもおかーさんとはぐれたら、人間を探しなさいね。
出会った人にあまえなさいね。
きっとその人がおまえの大事な人になるよ」


そう言うてたやろ おかーちゃん


ほんで ボク 思い切りいいお顔して
「にゃぁ~~~~ん♡」
って鳴いてみた
そしたら その女の人がボクをだっこしてくれてんで!


『どうしたん?おかあさんは?ひとりなん?まいご?』って聞かれたから

そや!まいごや!!
おなかすいた!おなかすいたー!
おなかーすーいーたーーー!!!
って言うたら

『家に来る?』言うてくれて、この人のお家に連れて行ってくれはった

チーズと
それからおかーちゃんが大好きなカツオブシくれはった
おいしかったぁ


2015y05m10d_185026942.jpg

ボク すぐにそこのお家が好きになった!


その人 公園に張り紙もしてくれたんやけど
おかーちゃんとはあれから会えへんままやなぁ・・・


2015y05m10d_184817383.jpg



ボク それからその人の家族になって
「コネお」っていう名前になって
お引越しして
今 京都にいるねん


今年で21歳になりました
ものすごい長生きや、ていろんな人に言うてもらえるねん


おかーちゃんが丈夫に産んでくれたからやな
きっと!

下僕もな
コネたんに会えたのは
コネたんのお母さんが産んでくれはったおかげやなぁ・・って よう言うねん




ボクな 一人でも大丈夫やで!
ずーっと幸せに暮らしてるで!


2015y05m10d_191427733.jpg


あったかい寝床もあるし


2015y05m10d_184317266_20150510194550b6e.jpg




びょーいんも連れて行ってもらえるし
(ほんまはありがためーわくなんやけどな)



2015y05m10d_201409178.jpg



あんな
ボク
幸せなんや~~



IMG_4170_convert_20150510201930.jpg



おかーちゃんは今頃どうしてるんかな


ボクが100歳くらいらしいし
おかーちゃん  何歳くらいにならはったんやろ^^;




あんな
おかーちゃん


今日は人間の世界では「母の日」やねん


そやからな
おかーちゃん


あんな


ボクを産んでくれてありがとう!



ボク
生まれてきて
ほんまに
よかった



ありがとう
ありがとう


おかーちゃんも幸せかな


幸せでいてな
おかーちゃん



IMG_3864.jpg




ボクのおかーちゃんへ

IMG_1078.jpg

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。