スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は 愛猫ナンナンが虹の橋へ行った日

一年経ちました。

もう 虹の橋で元気にしているかな。
おなかいっぱい ごはん食べてるかな。

私のこと 覚えてくれているかな。

震災で犠牲になった動物たちに会ったら伝えてね。
私たちは 絶対に忘れないから。

こんな悲しいこと
もう 繰り返さないように努力するから・・と。



                      2011y10m16d_210640484.jpg
                            ムスコのノートパソコンのカバーがお気に入り
スポンサーサイト

昨日の同窓会で・・・

昨日、大学時代のクラブの同窓会があり行ってきました(^^)

テニス&スキーの同好会なんですが、私は1回生の時、すでにサボりすぎ、
退部勧告を受けた劣等生(^^;
よく、同窓会にお招き下さったな・・と感謝して参加しました。

「早期退部勧告」を受けた私を、特別冬会員として扱い、
スキーには参加させてくれた当時の「幹事」をしていた Yもりサンは
昨年来体調を崩し、不参加でした。

会ったら お礼を言おうと思っていたのに・・。
一日も早いご回復を祈ります。


もちろん、京都での写真展を宣伝しました(^^)

2年後輩のYもとサンは、何年か前に
大阪能勢にある保護団体【アニマルトラスト】の
保護ワンちゃんの里親になった と教えてくれました。

里親になってみて、ペットショップの存在に疑問を抱くなど
意識が変わったと聞いて、私は とっても嬉しく感じました。

あと、最近自宅の近くで子猫を保護した同級生もいました。
猫を家族に迎えるのは初めてだけど
今では 無くてはならない存在になったとか。

嬉しい話です。

写真展にも足を運ぶって 言ってくれた人もたくさんいて、
写真展も なんとかできそうな気がしてきました。


来週には、チラシなどもできてくる予定なので、
京都の各新聞局とTV局、ねこカフェやペットクリニックなどに
広報のお願いに回る計画です。


写真展では、太田康介さんのコメントを併せて展示するのですが
「京都」という土地柄、外国人の旅行者や留学生も多いということで、
英文バージョンも作ろうかと考えたりしています。

ポスター・チラシも、部数は限られますが英文のものを作成予定。


英語・・・・・


私は 国文学専攻だったから~~~
日本語なら得意なんですけど・・・・(^^;









京都発【のこされた動物たち】写真展に向けて ・・・・その後

京都では 今日から第26回 国民文化祭・京都2011が開催されます。

自宅近くの大通りでは パレードもあり、朝から京都は大変賑やか!
ムスコやムスメも、学校からいろいろと催し物に参加します。




昨日は、いいことがたくさんありました。
京都での 太田康介さんの写真展
【福島第一原発20キロ圏内 のこされた動物たち】の開催場所と日程が決まり、
いよいよ 実現の運びとなりました。

詳細はまた、改めてブログでお知らせさせていただきます。

日程は 12月13日(火)~18日(日)
となりました。

場所も、いろいろな方のご尽力で とても良いところが借りられることとなり、
京都の中心地で開催できることになりそうです。


あとは、広報活動です・・・。

ここがモンダイ・・・。
私のような弱小ブログでは、告知したところで拡散するには心もとないんですよね・・。


多くのフォロワーを持っていらっしゃる方のお力をお借りするしかありません。


みなさま、告知拡散の際は
なにとぞ よろしくご協力下さいませ!!!!


自転車の規制が強まります・・・利用者は自己防衛を・・・

自転車の交通規制が強まるようです。

masumiさまのブログ 自転車取り締まり に詳しく書かれています。

自転車は軽車両だから、本来は車道を走ることになっているのですが、
実際には 歩道を走ることが多く
マナーも悪いことから、歩行者とのトラブルが増えてきています。

我が家の近くの大通りは、歩道が整備され 自転車専用レーンがありますが、
自転車はレーンは無視して、ものすごい勢いで歩道を突き抜けていきます。
特に、朝はみなさん急いでいて、ものすごいスピード・・・。

これも危険だと思うのですが、さて、自転車が車道を走るとして考えると
これはこれで 危ないとも思います。

自転車は「軽車両」とは言うものの、装備は車両と言うにはあまりにも心もとない・・・
バックミラーも付いていないし、右折 左折の意思表示をする機能もありません。
小学生以下はヘルメット着用の決まりがあるけれど、
それ以上の年齢になるとヘルメットの着用義務は無く、
中高生などで、ヘルメットを着用している子など一人も見たことがありません。

我が家の高校生(男子)も、自転車通学で、
母としては 事故があってからでは遅いので、再三ヘルメット着用を促しても、
「かっこわるいこと 一人でできるかいっ」って感じで受け入れません。
まぁ・・・そういうお年頃でしょうか・・・。

学校単位で、自転車通学者はヘルメット着用を義務づけるなど、
個別の対応が必要ではないかと思います。

本来なら、欧州のように 歩道、自転車道、車道を分離するのが一番いいのですが、
日本はこういう整備は後回しになりますね・・。
サイクリングロードとかじゃなく、生活道路での自転車道が必要だと思います。

法律遵守のうえ、自分の命は自己責任で守らなくてはいけません。


    オランダ アムステルダムの自伝車道
        Road_for_bicycles_Amsterdam_01_convert_20111027092854.jpg

原発事故…もう一度 心のスイッチを入れ直そう

【集団疎開を求める闘い・・・】の記事に yokoblueplanetさん からコメントをいただきました。

以下 抜粋です。

   
   ・・・・・
   子どもたちのために放射能問題を解決しなければ、ですが、既に小学生対象の副読本が配布されたり、
   原発の冷温停止とか収束のイメージを流して一般の人々の記憶から恐ろしい原子炉事故の記憶を消し去ろうとしています。
   ・・・・・・・
   子どもたちの集団疎開も空いている大きな箱物が各地にあるので、それを利用すれば出来る筈です。
   していないのは、事故が収束し避難区域へも住民が戻っても安全だと言う「風評」を流して、
  「原発推進」の動きを加速させるための布石としか思えません。
   日本は、今、非常に危険な状態にあると思います。

   ・・・・・・・

私が、自身のブログの 【放射線副読本・・・使い方を誤ればかえって危険】 の中で
不安に感じたことも、こういうことなのです。

まだ、何も検証されていないし 解決のメドも立っていないと感じます。

事故の初期に、原発周辺で本当はどんな被害があったかも報道はないし、
汚染地域に暮らしていて どれだけ被曝することが安全と判断されるのか、
責任のある答えが見えていません。

汚染されているところも、このところ どんどん明らかになってきています。

何もまだ、「わかっていない」・・・
わかっていることも「明らかにされていない」から、
私たちには「わからないこと」と同じです。

「わからないこと」を国は「無いこと」とし、「大丈夫」と結論づける・・。
でも、私たち普通の感覚を持つ者は、
「わからないこと」は、危険だと判断し用心するのが常識です。


心のスイッチを入れ直して、もう一度 3月を思い起こしてみたいと思います。
そこから、今を見直してみる必要を感じるからです。

あえて、3月の原子炉爆発の動画を載せます。
お子様には閲覧のご注意をお願いいたします。

       福島第一原発3号機と1号機の水素爆発

この大きな事故は、まだ収束していないことを、覚えておきましょう。
放射性物質は、事故当時に比べれば少なくなっていても
今も 放出され続けていることも。

今日、こんなニュースがありました。

   東電の黒塗りなしの手順書公開



振り出しに戻ったっていい。
隠し事なしで、誠実に次の世代を守っていくことを考えたいです。



今日は時代祭

今日、京都では時代祭が執り行われます。
例年は10月22日にあるのですが、昨日が雨だったので、今日に順延されました。
めずらしいことです。

12時に御所を出発して、平安神宮まで行列が歩きます。

動画は、拙宅前の大通りを 集合場所の御所に向かって歩く
維新勤皇隊「山国隊」の鼓笛隊 の姿です。



お祭りの行列ではなくても、ずっとこうやって御所まで歩いて行きます。
時代祭は京都のお祭りの中では歴史が浅く、
明治28年がその始まりです。

当時、明治維新で天皇一家も東京へ移られ、
何かと寂しくなってしまった京都をもり立てるため平安神宮が創建され
その記念事業として市民が作り上げたお祭りなんだそうです。

明治時代の京都の人たちは、なかなか行動派だったようですね。

集団疎開を求める闘い・・・郡山市の実情 ふくしま集団疎開裁判 Nuclear accident trial Fukushima Daiich

福島で子供を守る闘いを続けている人たちがいます。

 こちらを見て下さい  郡山市の実情 ふくしま集団疎開裁判 Nuclear accident trial Fukushima Daiich


私は 「子供たちを安全な所に集団疎開させたい」という訴えは
当然のことだと感じます。
郡山市は、そんなことをしたら「福島は放射能に汚染されている」という
「風評被害」がはびこると、恐れているのでしょうか。

この裁判が、その後どうなったかはわからないのですが、
何とかならないんでしょうか・・・


しかし、もし集団疎開ができたとしても、
汚染ガレキが多くの自治体で受け入れられ、
食品の放射能汚染に対する安全基準は未だ「暫定基準」で高いまま・・

日本のどこにいても、被曝は免れないとも感じます。


こんなままで、いつの間にか慣れてしまって、
心のスイッチをオフにして暮らすしかないのでしょうか・・・。

子供を安全な所に逃がしたい・・その事のために裁判を起こして闘わなければならない国、日本・・・。
どこか、何か おかしいと感じます。


==================================================


福島 浪江町で飼い猫を探している方がいます。
情報がありましたら、よろしくお願い申し上げます。

     福島、浪江町にて猫を探しています


   

 京都発【警戒区域にのこされた動物たち】写真展開催に向けて・・・・プロジェクト始めました

・・・というほどの、大げさなものではないんですけど・・(^^;



先のブログでちょこっと書いた私の「妄想」・・・。

10月8~10日に東京新宿で開催された【原発20km圏内どうぶつ写真展】
と同じような形で、京都でも うちのとらまる のもう~すさんこと、写真家の太田康介さんのお写真を
お貸しいただいて、写真展を開催したい・・・

この私の、見切り発車も甚だしいアイディアに、
複数の友人、知人たちが
「もう~・・・しょうがないなぁ・・・手伝うよ」
と言ってくれました。

ありがとう。友人たち!!
正直、この中で一番頼りないのは・・・そう、ワタシ です・・・。

場所は確保できましたが・・・
写真展なんて、学生時代に文化祭でちょこっとやったことがあるのみ・・・。
それも、あまりにも遠い昔のことで、記憶ははるかかなた・・・

レイアウトや、広報活動など わからないことだらけ・・。
でも、シロウトなりにがんばって考えて実現したいと思います。

良い知恵をお持ちの方、ご指導下さいませ・・ペコリ




こねおです

今週、ママは忙しそうですね~

今日も、お友達が設計した、町屋のパンケーキ屋さんにおでかけ。
「写真展開催にむけてのプロジェクト立ち上げのため」
なんて言ってるけど、まぁ たぶん、ほとんどは
わいわいおしゃべりして、食べて・・・・

ふつうのお茶会じゃないかい・・・???

まぁ、いいや。
ママが元気で楽しそうにしてると
ボクもシアワセ

・・・と言うわけでいい子でお留守番
オミヤゲお願いネ


          2011y10m19d_224417687_20111020002320.jpg

          寒くなってきたからね~
          なんか下に敷かないとね~



札幌と東京目黒で太田康介さんの写真展があります。
  札幌・東京目黒 写真展  詳しくはこちら         

みかんちゃん、20歳と2ヶ月で虹の橋へ・・・あっぱれな旅立ち・・・去年を思い出す

私がよくおじゃまさせていただく ふう庵さん のブログ・・・。

「みかんちゃん」が14日、20歳と2ヶ月の天寿を全うして
虹の橋へと旅立ちました。

ふう庵さんは
「あっぱれと言って下さい」とブログに書かれています。

食べられなくなったみかんちゃんに、寄り添い、すべてを受け入れ見守られたふう庵さん・・・。
みかんちゃんはみかんちゃんらしく、穏やかに旅立っていきました。


ふう庵さんのブログを読みながら、去年の今頃を鮮明に思い出していました・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

昨年10月にこねおの他にもう一匹いた「ナンナン」という猫を亡くしました。

耳から首にかけて腫瘍ができ、6月頃には「手の施しようがない」、とお医者さんに言われました。
年齢は推定で17歳~18歳くらい。
老猫だから、病気が出るのは仕方ないということでした。
それでも、いなくなる現実を受け入れられず、私は「濃厚治療」に走ってしまったのです。

「ナンナン」は、ムスコの幼稚園に
「これ以上痩せられないだろう」
というぐらいガリガリの状態で迷いこんで来ました。

おなかがすいて、
園庭に放し飼いになっていた鶏を追いかけ回しているところに遭遇。
園長先生は猫になれておられない様子でパニック状態となり、
「保健所、保健所!!!」と大騒ぎでした。

家にはもう コネがいたけど、放っておけず 連れて帰りました。
ムスメ2歳、ムスコ5歳の夏のことです。

それから、10年・・・


夏頃から首の腫瘍はどんどん大きくなり、
8月終わりには上あごの内側からも腫れてきて口が開かなくなり
何も喉を通らなくなってしまいました。
おなかがすくことが 何より「恐怖」だったナンナン・・・・
このまま「餓死」するなんて、私は耐えられず・・・9月はじめ、お医者さんと相談して、
喉に小さな穴を開け、チューブを通し 栄養をシリンジで入れる対症療法を施すことにしたのです。

そして、元気が出るようにステロイドの注射を打ち・・・
それから2ヶ月がんばりましたが・・・・
10月30日、肺炎のような症状になり、決して穏やかとは言えない亡くなり方をしました。

かわいそうな事をした・・・と思うのです・・・今となっては・・。

みかんちゃんの、ろうそくが燃え尽きるような穏やかな亡くなり方を見ていると、
やはり、私が取った道は間違っていたのだと感じます。

ごめんね・・
ナンナン・・・・



肉球に指を置くと、きゅうっと握ってくれる優しい子でした。
いつも、先住のコネに遠慮をしていました。
男の子同士でしたから、お互い きつかったかもしれません。
おしゃべりで、名前を呼ぶと「ごろにゃ~ん」ってホントに言う子でした。

意識が無くなる30分前まで、きゅっと指を握ってくれました。
抱きしめながらいっぱい「ありがとう」を言ったけど・・・もっともっと一緒にいたかった・・。


私は、ナンナンに 自分のわがままを押しつけてしまったなぁ・・・と、
今も
申し訳なく思うのです・・・。





              
         2011y10m16d_003130656.jpg


          みかんちゃん、虹の橋で安らかに・・・。







ナンナンも一緒に待っていてくれるかな。
会えたら一番に謝りたいなぁ・・・と思っています。





        
         




       ナンナン
         2011y10m16d_003539484_convert_20111016003744.jpg






         2011y10m15d_233246515_convert_20111015235245.jpg
              「ゴロゴロ」じゃなくて「バルルッ バルルッ」って・・・・



                2011y10m15d_234539640.jpg

                     もう一度 ぎゅっとだっこしたいな・・・





プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。