スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休は 京都法然院で「のこされた動物たち」報告会へ! 生もう~すさんに会いに来て下さい!

大型連休が始まりました。
昨日、今日と京都は汗ばむ陽気です。


さて、「のこされた動物たち」報告会@京都 当日のタイムテーブルとプログラムです。


【受付】 午後4時開始


【一部】午後4時30分~午後6時

●太田康介さん(フリーカメラマン)によるスライドショウ
「のこされた動物たち」で公開している写真を含め200枚のスライドを見せていただきます。
写真集などに出ている一枚の写真のストーリーを補足する未公開写真や地図を見せていただき説明して下さいます。
たとえば、「くるみちゃん」発見から亡くなるまでの経緯説明など。


●大網直子さん(福島原発20キロ圏内 犬・猫救出プロジェクト 代表)
同行したAPF通信社中島徹さんが撮影されたビデオムービーで、現地での保護活動の様子を見せていただきながら、説明を聞かせていただきます。
実際に 現地へ足を運んでいらっしゃる方の 生の声をお聞きします。



ーー休憩(15分)ーー



【二部】午後6時15分~午後7時

●個人ボランティア 佐々木ちはるさん(警戒区域の動物たちを見捨てない)にファシリテーターになっていただき、報告者と参加して下さった皆さん全員で、問題点や今後どのようにしていったらよいかなど、様々なことを自由に話し合いたいと思っています。
感想、ご意見、なんでも言いたいこと全部、お互いに発表しましょう。
何かが見えてくるかも知れません!



休憩時間には 法然院のしっとりとした新緑のお庭が見えるお部屋で、ささやかですが お茶とお菓子のおもてなしをと考えています。

生もう~すさんとお話しして下さいネ!


お菓子は100名様分ご用意いたしております。
わぁ! 足りなくなった~!というぐらいの大勢の方にお越しいただくのがユメです。


足りなくなったら、誰かがなんとかしますから(^^;、
多くの方のご来場をお待ち申し上げております。



会場では 飛鳥新社様のご協力で「のこされた動物たち」「待ちつづける動物たち」(飛鳥新社)のBOXセット、5枚組ポストカードセットの先行販売もいたします。

もう~すさんファンのみなさん、楽しみにしていて下さいネ。



        2012y04m29d_112640015.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

「のこされた動物たち」報告会@京都 開催まで一週間

え~・・・そういうわけで、昨日は9FM79.7 三条ラジオカフェに行って参りました。



・・・もう、さんざんで、私は自分のことを「図太いオバサン」だと思っていましたが、
思いの外、小さなしんぞーで・・「オトメ」なことがわかりましたよ(T-T)

放送を聞いた娘には
「ママ、なんでこんなに不機嫌に喋ってるの。」
と言われてしまいました・・・(T-T)・・くすん



今回 このチャンスを下さったプロデューサーの町田さんも
わんちゃん2匹、にゃんこ5匹と一緒に暮らしていらっしゃると言うことでした。


放送前は放送開始時間を忘れる位、盛り上がったんです。
でも、始まってみると、プロデューサーの方に
「こんなことに気をつけて下さいネ」
とご注意いただいたことは みんなやってしまった・・・
そんな感じ。

やれやれ・・・。





さて、今年の連休は「大型」なんだそうです。

海外へ行く人。
国内の旅行を楽しむ人。

ふるさとへ帰る人。
被災地へボランティアへ向かう人。

経済も回る方がいいし、人それぞれ、持ち場持ち場で社会に役立つ。

それもいいと思います。


そして、福島の動物が気になる方。
原発が気になる方。

も~すさんが気になる方・・・

どうぞ、京都の「のこされた動物たち」報告会へおいで下さい!


法然院様は、大切な「本堂」を会場にお貸し下さいました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


とても広いところです。


京都新聞には「定員100名」と書かれていましたが、
お菓子のご用意がだいたい100名様分くらい、と言うことなんです。
申し訳ありません。

でも、たぶん 200名位は入っていただけるだろうと言うことでした。


せっかくの機会です。


行こう、と考えて下さっている方は、両手にお友達の手を繋いでおいで下さいネ!


”わぁ~お菓子が足らない、どうしよう~~”なんて妄想を繰り広げる立ち直りの早い私は
やっぱり お・ば・・・(以下 略)

少しずつ 広がっています

昨日 地元紙の京都新聞社朝刊に、
「のこされた動物たち」報告会@京都の記事が掲載されました。

      2012y04m25d_135530781_convert_20120425135924.jpg

ちょっとシワっとなってしまいましたね・・・。
すでに数件のお問合せをいただきました。嬉しいことです!


明日は、地元のFMラジオで対談形式で15分ほどお話しするチャンスを与えていただきました。
ドキドキしますが、一生懸命に汗かいて働いてこようと思います。(野田さんも前はこうおっしゃっていたっけなぁ・・・)


連休が始まったら 哲学の道沿いにあやしい「チラシまきババァ」が出没するかも知れません(^^)




京都五条にあるおいしい紅茶のお店
キトゥンカンパニー にも チラシを置かせていただきました。


「ソイチャイ」がすっっごくおいしくて、ファンになりました(^^)


店内は、にゃんこでいっぱい。

            2012y04m25d_142913000.jpg




            2012y04m25d_142918765.jpg




            2012y04m25d_142906515.jpg



いつまでもいたくなるようなお店でした。



一足先にラジオ出演をしたLPW(若者と家族のライフプランを考える会)の代表を務める友人に
「のど飴なめてね」とアドバイスを受け、明日は京都三条 ラジオカフェに行ってきます。


4月22日という日

昨日 4月22日は 福島第一原発20キロ圏内が警戒区域に指定された日でした。

このことのために、とりのこされた動物たちの救助活動は困難を極め、
助けることができたはずの多くの動物が命を落とすことになったのです。


私には、忘れることのできない日です。



昨日 福島と東京では「警戒区域内どうぶつ慰霊祭」が執り行われました。
地元紙やTVも取材に来たそうです。

失われた多くの命のために、
取りのこされ、待っている命のために、
私は京都で祈りました。


そして 改めて、もうこんなことは絶対にないようにしたいと思います。


今年 4月16日、あっけなく 警戒区域は解除され、
あれほど危険だと言われていた場所に 今では 復興の足音が聞こえようとしています。

飼い主さんが迎えに行くこともできます。
ゴハンをあげに行くことも・・・。


しかし、この日を待てなかった多くの動物たちがいたのです。




そして、CS放送のAnimalPlanetでは、太田さんの活動の様子が番組になりました。


この中で太田さんは
「今の日本で、動物とはいえ 餓死するようなことがあるとは思わなかった。
そして、それが報道されないことも、変だなぁと思う。
それなら ぼくが写真を撮って伝えようと思った」
と語っていらっしゃいました。


            2012y04m23d_231329390.jpg




            2012y04m23d_231353171.jpg




            2012y04m23d_231123890.jpg




            2012y04m23d_232018218.jpg




            2012y04m23d_232055406.jpg



なぜ、動物たちは取りのこされてしまったのか、
助けようとされなかったのか。

私は 知りたいのです。
知って、もう 二度とこんなことがないようにしたい。

私が暮らす町、あなたが暮らす町で 
災害や原発の深刻な事故などが起こり避難しなければならなくなった時、
どう備えておけばいいか、考えたいと思うのです。








法然院で一緒に知って考えましょう

風が心地よい季節になりました。
毎日オバサンは、チラシを山のように持ってあちこちへ配って歩きます。

昨日は汗ばむくらいでした



ネットで「のこされた動物たち」@京都 と検索すると、
12月の写真展のことをブログに書いて下さっている方がたくさんいらっしゃいます。

ブログを突撃訪問して、「報告会」のお知らせを書き込みます。


そんななか、

犬と猫と過ごす、こんな一日

mako's bar 愛猫との蜜月日記

お二方が 報告会の案内を転載して下さいました。

ありがとうございます。


「犬と暮らす、こんな一日」を書いていらっしゃる方は、もう~すさんこと太田さんが保護された「のんちゃん」という猫を一時預かりされた方です。


12月の写真展にお越し下さって、太田さんと「のんちゃんの~!!!」って
再会を喜んでいらっしゃいました(^^)

のんちゃん


今は 里親さんが見つかり、幸せいっぱいに過ごしているそうです。
のんちゃんブログ



太田さんも大網さんも、毎週のように福島へ向かわれています。
そんな貴重なお時間を頂戴して、わざわざ京都まで来ていただきます。


動物たちの置かれた過酷な現状を伝えたい、
その気持ちで動いて下さいます。


一人でも多くの方と一緒にその時間を過ごしたい・・
私もその気持ちで動きます。


要領が悪く 無駄も多いけど 何事もやらないよりはやった方がいいと思って(^^;



京都は すぐお隣の福井県に多くの原発があります。
そこで発電した電力で関西の生活や経済は回るように作られてきました。



原発に対しては、選び取ってきた責任が私たちにはあるのです。



報告会に来ていただくと
原発に深刻な事故があった場合、どんなことが起きるのか、
少しでもイメージしていただけるのでは、と思います。



原子力発電で支えられていた一見豊かに見えた生活が
いかに危ういものであったか・・・。

いかに多くのものを犠牲にし失わなければならないか・・・。


京都も滋賀も福井も・・・
日本中、どこも同じです。

みんなが 被災者になり得るのです。


私は やっぱり、老猫と家で のんびりとひなたぼっこする、
そんな平和な暮らしを失いたくないなぁ・・と思います。


みんなで 一緒に知って イメージして 考えたいな・・と思います。



「のこされた動物たち」報告会@京都  5月4日に向けて

今回も 出版社様のご尽力で先週 チラシが届きました。
早速 チラシまきしています。
チラシまき、できる方募集(^^)送ります!

         2012y04m16d_105059359_convert_20120416122238.jpg




12月の写真展の時に多くのお客様が書いて下さったアンケートのコピーも入れて下さっていました。
本当にありがとうございます。
ゆっくりと目を通させていただきます。

         2012y04m16d_105416265_convert_20120416122325.jpg





動物たちが私たちに向ける無言の問いかけ・・・。



人間は 本当にこれでいいのか・・。
人間は このまま間違いにふたをしてどこまで突き進むのか・・・。

人間は 本当に豊かなのか・・・。



そんなことを、改めて感じます。




国は 大飯原発の再稼働に躍起になっています。


免震重要棟や、ベントのフィルターと言った必要最低限の設備すら
稼働させながら作るそうです。



ブレーキがまだ付いてないけど エンジンは動くからとりあえず走らせてしまって・・
走らせながらブレーキとかつけていくから、だから安全・・・

などという感じで納得して車を運転する人っているでしょうか・・・????


なんだか そんな感じしかしないのです。

政府が一生懸命訴える「安全宣言」は・・・。



「のこされた動物たち」は、動物たちだけの話ではない・・・



ここを知ること・・・
原子力という手に負えない力を知ってしまった人類が
これからどうやって このことを収めていくのか、ということに行き着きます。


「収める」ことは「治める」人たちにかかっているのではないか・・・
そう思うと、とても心許ない気がしてきます・・・・。




5月4日・・・
「のこされた動物たち」からの問いかけに耳を傾けてみて下さい。


警戒区域どうぶつ慰霊祭

震災から13ヶ月経ちました。


昨年12月、写真展の広報活動をしていたとき、時々、こんなふうに言う人がいました。

「そやけど、お肉、食べはるんやろ」


つまり、こんな動物のための活動をしていても、
お肉は食べるのだろう、矛盾している・・ということらしいのです。

この問いかけに、初めは戸惑いました。

もともと、どちらかというとお肉よりお魚が好きですが、
生き物を食べることに変わりはありません。


このことについて、どんなふうに考えるか。
様々な考え方、意見があると思います。


私は、「感謝していただく」
その言葉しか見つからないのです。




もうずいぶん前のことですが、とても上等の牛肉のいただきものをした時のこと・・・。


確か 松阪牛だったかと思います。


それはそれは、美味なお肉でした。
家族でおいしくいただいて、お肉を包んであった包装紙を捨てようとした時、
ひらりと一枚の紙が・・・。


そこには、今まさに 私たちがいただいた牛の
名前や経歴、写真と 育てた畜産農家の方の言葉が載っていました。

「さくらこちゃん」という名前の牛でした。
大切に大切に育てました、と書かれていました。


なんだか、胸がいっぱいになりました。
子ども達は泣きそうになっていました・・・。

そして、みんなで ありがとう・・って感謝しました。
さくらこちゃんにも、育てた畜産農家の方にも・・・。



黒くてかわいい牛でした。





福島で今、多くの牛が生命の危機にさらされています。



「どうせ食べられて死ぬんだ」
などとは絶対に考えてはいけないと、
この「さくらこちゃん」は私たちに伝えたいだろうと思います・・・。



畜産農家の方は、心の中でいっぱいお別れの涙を流し 手塩にかけて育てた牛を出荷されるのだと思います。

名前をつけて、家族のように愛情を注いで大切に育てられる牛・・。
そして、最上級のお肉として人に食べられることが、その牛の最高の「仕事」なのだと私は感じます。


仕事もさせてもらえないで、ただ、石けん水を注入されて殺され
無造作に大きなアナに積み上げられるなんて・・・


そんな、扱いがあっていいはずがないと、きっと「さくらこちゃん」は言うでしょう。


人間は昔から、動物に助けられて生きてきたのだと言うことを忘れてはいけません・・。
動物たちの命をないがしろにして、人間の繁栄があるとは思えません。



私がずっと 福島の原発事故に伴う 動物たちの処遇に関心を持つのは、
動物たちを大切に考えられない社会は、
相当余裕の無い、切羽詰まった状況の社会だと思うからです。



4月22日・・・
国が動物を見捨てようとした日。


福島と東京で 警戒区域内どうぶつ慰霊祭 が執り行われます。


牛や豚、ダチョウ・・
犬、猫、小鳥や金魚・・

人と共に暮らし、人を助けてくれていた動物たちの多くが犠牲になりました。

私はいつか、ここに 動物のための慰霊碑を建てたいです・・。



いっぱいいっぱい「ごめんなさい」と刻みたいです・・・・。




ゴールデンウィークは京都へ!「のこされた動物たち」報告会のお知らせ

ゴールデンウィークに京都で「のこされた動物たち」報告会をさせていただきます。


おおまかな告知です。
やっと場所や時間が決まりました。


詳細は追ってお知らせさせていただきます。

ゴールデンウィークは京都へ!!!


    【日時】 2012年5月4日(みどりの日・金)
               午後4時30分~午後7時

    

    【場所】 法然院  京都市左京区 哲学の道沿い

    

    【報告者】  ◆フリーカメラマン 太田 康介氏
   
           
           ◆「福島原発20キロ圏内・犬猫救出プロジェクト代表」 
                        大網 直子氏

       
           ◆APF通信社     中島 徹氏

       
           ◆「警戒区域の動物を見捨てない」
                        佐々木 ちはる氏

    

    
    【参加費】 500円(全額報告会活動費に補填させていただきます)
           心ばかりですが茶菓をご用意してお待ちしております。




 
ただいま ムスコを脅して 鋭意チラシ作成に悪戦苦闘中です。
広報して下さる方、大歓迎!


ツイッターやブログでどんどん広めていただければ嬉しいです。



報告して下さるみなさま、場所をご提供いただく「法然院」様・・
いずれも、一主婦の勝手な妄想に快くおつきあい下さいます。

心から感謝申し上げます。



手弁当、手作りの報告会です。
至らない点があるかもしれません。
どうぞ ご容赦下さいませ。


これまで、報道すらされなかった警戒区域の動物たちの真実の姿を、その目で確かめに来て下さい。
無かったことにしないために・・・。


法然院様によるご案内です。(クリック)

震災の鎮魂のための「悲願会(ひがんえ)」という宗教的な行事の一環として
場所をご提供下さいました。



そして、のこされた動物たちにとって、厳しい現実をもたらした「警戒区域」が指定された4月22日という日・・。

その日 福島と東京で警戒区域内どうぶつ慰霊祭 が執り行われます。


地震と津波、そして原発事故・・・
それでも、それだけならまだ、動物たちはこんなに苦しんで死んでいくことはなかったでしょう。

警戒区域という線引きがされたことで、のこされた動物たちは放置され続けました。


先日、一部が解除されました。
おまわりさんが、警戒区域を仕切っていたガードを、ひょいと持ち上げて動かしている映像を見たとき・・
いったい、なんのための 厳重なガードだったのか・・
このガードのおかげで、どれだけの動物たちが理不尽な死をとげなければならなかった事か・・
と 涙があふれてきました・・。


4月22日・・・
私にとっても 忘れられない日です・・・。



警戒区域でなにがあったのか・・、私も太田さん達からしっかりと聞かせていただきたいと思っています。

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。