スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こねおです

こねおですにゃ。



[広告] VPS





元気に動いてますねん。
時々、また走ってます。


下僕は、そのショットを狙ってるらしいんですけど、そーゆー時に限って走りませんねん。


ニャーーーンン言うてる間に、草の切れ端がお口からこぼれました・・・・。


あきませんなーーー
最近、こーゆーの多いんです。


なんか食べた後は、お口周りがきちゃない、言うて、下僕が拭いてくれますねん。
くるしゅうない。



おトイレの後も、肉球の間に砂が挟まりますねん。
これも下僕が「部屋中に砂がぁぁぁーー」とあわてて拭いてくれますねん。


くるしゅうない。



この動くボクは、朝の見回りの様子です。


この日は、ちょっとお外も。
においだけ確認。



まぁ、いろいろ忙しいんです。ボクは。




えっ・・・・
今日は・・・・・
まさかの病院の日?????!!!!!




えらいこっちゃ!危機管理開始!
最新兵器、「ねたふり」。けっこう効き目あるんです。


ではっ!


ぐーぐー
2013y11m27d_103909977.jpg

むだなていこうはやめなさい(下僕)

スポンサーサイト

「のこされた動物たち」写真展・報告会@知恩院 感じたこと

秋を飛び越して急に冷え込んだ京都東山 知恩院さんでの
太田康介さん写真展「のこされた動物たち」


昨日、無事に終了しました。


東京から福島までは、わずか250キロなのだと今回改めて意識しました。
東北地方は、遠いところ・・・という認識の関西で、このような写真展・報告会が開かれることは、
本当に意義深いことだと感じます。



報告会では、2011年の震災直後の様子とともに 現在の20キロ圏内の様子なども詳しく教えていただきました。



犬は登録されているだけでも約5800頭。
猫は登録制度がないため明確な数はわかりませんが、犬の二倍近く。

震災前の畜産農家の状況をみると

牛・300戸 約3500頭
豚・9戸   約3万頭
鶏・9戸   約44万羽
   ---いずれも太田康介さん著書 「待ちつづける動物たち」より

わかっているだけでもこれだけの数の中、多くの「人と暮らしをともにしていた動物たち」が、圏内に取り残されたのです。



私は想像します。



近畿地方でも、京都府では丹波牛、滋賀県では近江牛、兵庫県では但馬牛など ブランド牛といわれる畜産が盛んです。


その他に養鶏や養豚、農業などは、いずれの自治体も北部に集中しています。


もし、福井県嶺南地方に立地する関西電力の数々の原発に深刻な事故が起きたら・・・。
ペットは各々の飼い主が連れて避難するとしても、おびただしい数の家畜はどうするのでしょうか。


福島で起きたことと同じようなことを、私たちは覚悟しなければならないのではないかと
改めて思いながら、太田さんの報告を聞かせていただきました。



太田さんは今も月に3回ほどは現地へ赴き、ご自分で開発された「エサ台・おおたスペシャル」を設置し、残されている猫たちに給餌をしていらっしゃるということです。

「エサ台」は、現地の野生動物との戦いなのだそうです。


浪江町では、公共施設に限って設置をしてもよいという許可がおり 地元の方々と協力しながらの活動になってきているとのことでした。




2011年3月から2年8か月・・・。



備えなければ、こんなことになるのだ・・という思いを新たにしました。




知ったものとして、何をして行くのか・・
そんなことを考えながら、福島の動物たちの顔を見ていました。



11月29日~ 滋賀県高島市でまた写真展と報告会があります。
最終日 12月15日に、太田康介さんによる報告会が予定されているということです。


関西にお住まいの方には、ぜひぜひ 足を運んでいただけたら・・と思います。
「知らない」ことは怖いことだと私は思っています。




英文の説明文を熱心に読む巻き毛の人
2013y11m21d_093426806.jpg




太田さんは、次の写真展の準備や福島への給餌活動のため、風のように去って行かれました。
常に、未来へ向かって全速力!



受付お手伝いの美女たちと。
いつも絶大な人気の太田さんです(^^)
2013y11m20d_094249607_20131121130510816.jpg
注:えすぺろではありませんー(^^)


すばらしい写真展・報告会をありがとうございました!



今日が最終日・・京都 知恩院 太田康介さん「のこされた動物たち」写真展 

11月12日から開催されている太田康介さん写真展「のこされた動物たち」
いよいよ、今日20日が最終日。


10時~19時までです。


この機会を逃さず、ぜひ足を運んでみてくださいネ!



会場はとても広くてゆったりとした空間です

2013y11m20d_094330088.jpg




太田さんにいろんなお話をゆっくりと伺うこともできます。



2013y11m20d_094205071.jpg




みなさま、どうぞ知恩院へ。
太田さんに、エサ台のお話や、野生動物との戦いのことなどいっぱい聞かせてもらってくださいネ!








京都 知恩院 太田康介さん「のこされた動物たち」写真展・報告会 

2013y11m18d_115320619.jpg


京都知恩院 和順会館B1F ギャラリー和順にて
太田康介さん「のこされた動物たち」写真展 開催中です。


20日(水)まで。10時~19時
入場無料



16日土曜日は、太田さんによる報告会がありました。




2011年に太田さんの写真展をお手伝いさせていただいた際、賛同し応援してくださった京都市会議員の
隠塚 功(おんづか いさお)先生も分刻みのスケジュールを調整して駆けつけてくださいました。


2013y11m18d_131401904.jpg
   Facebookより


隠塚先生は京都市獣医師会の顧問を務められ、
京都市家庭動物センターの法案を成立させるなど、動物愛護にもご尽力なさっている議員です。

ご自宅では可愛いわんちゃんがご家族の一員だということです。

今も頻繁に福島を訪れていらっしゃるとの事で、くるみちゃんが見つかった村上という場所には、つい先日も行って来られたのだとか。
ご縁を感じました。



報告会は、初めて見る画像や映像もたくさんありました。
冒頭、これまでの太田康介さんの、カメラマンとしてのご活動の紹介も少しあり、戦場での取材の様子も初めて見させていただきました。


太田さんは80年代後半から90年代、アフガニスタン、カンボジア、旧ユーゴスラビア連邦など紛争地帯を撮影してこられたという経歴をお持ちなのです。

(詳しく知りたいと思われた方は、太田さんのブログ「うちのとらまる」の『昔の仕事写真』を読んでみてくださいね。)



太田さんの経歴を知り、やはり太田さんが福島原発20キロ圏内へと向かわれたことの発露には 報道カメラマンとしての思いがおありだったのではないかと感じました。



ご本人がそう思っていらっしゃるかどうかはわかりませんが、
ただ「動物たちがかわいそうだったでしょう」ということだけではない、もっと社会的な問いかけをされているようにも感じるのです。






今回も、救援機に乗せることができずにおいて行かれたくるみちゃんや、家で飼われていたニワトリを守るために怪我を負ったゴン太ちゃんのことなどの詳しいお話もありました。
太田さんは、時々涙声になってしまわれ 声がとぎれとぎれになることもしばしば。


写真パネルには無い、福島原発20キロ圏内の動物たちの悲惨な末路の画像、映像に、私も胸に迫るものがありました。


会場からは、すすり泣きの声があちらこちらから聞こえてきます。



私は、これまでも今回も・・・
実は「ものすごく泣く」ということができないのです。


本当は、うわーーーーっと声をあげて泣きたい・・・。
でも・・・。


ここでとめどなく涙を流してしまったら、私は弱い人間だから、それで済んだような気持になってしまう・・・
それはあまりにもあまりにも、人間を信じて死んでいった彼らに失礼なことだ、と思うのです。



そして静かな怒りの気持ちがわいてきます。
自分に対しての怒りです。
このことを「悲しい過去」に終わらせず、未来の希望へとつなぐことをしなければ 申し訳ない・・
そんな気持ちになるのです。



写真パネルや、報告会での画像や映像にふれて、感じられるところは人それぞれだと思います。



どうか、その時のお気持ちを覚えていてください。



忘れそうになったら、また 太田さんの写真展や報告会に行ってみてください。




私は時々、太田さんの写真集を開きます。



悲しい過去を希望のある未来につなげるために。
そして、人間を信じて黙って運命を受け入れた多くの動物たちのことを、決して忘れないために。



「なんとか時間を作る」とおっしゃっていた、産経新聞社の記者、山上直子さんも駆けつけてくださいました。


太田さんの思いを、ギュッとすべて新聞記事の中に書いてくださった方です。


記事はこちらから・・・
    『被災動物の現実 残された家畜やペットたち 知恩院で写真展 京都』ーーmsn産経ニュースより


太田さんとのツーショットも撮らせていただいたのですが、私の腕がiphoneのキャパを上回ってしまい、おそろしい写真になってしまいました(泣)


後日、太田さんのプロの技で復活させていただいてアップしたいと思います。
すみません!



写真展は、20日(水)まで 10時ー19時 開催しています。



一度訪れたという方も、まだという方も、交通の利便もよいところなので
ぜひぜひ、お運びください。




ライトアップもきれいです

2013y11m18d_115303855.jpg

つづく

今日から 京都知恩院で「のこされた動物たち」写真展開催です

急激に「冬」になりました。
驚きの寒さですね。


東山の紅葉もどんどんすすんでいます。


そんな中、今日から太田康介さんの「のこされた動物たち」~福島原発20キロ圏内の記録~写真展 が始まりました。




2013y11m12d_202030077.jpg



2013y11m12d_202050160.jpg



今日は、産経新聞の記者 山上さんが一番に取材にいらしていました。


2013y11m12d_202040494.jpg



英訳文!


2013y11m12d_202101544.jpg


右下の写真は、ワイルドな感じの太田さん(^^)



今回は、太田さんのぼっちゃんBさんが一緒にいらしています。



昨日は、親子水入らずでいろいろと楽しげに設営してらっしゃいました。
なんか、いいなぁ・・・父と子の後ろ姿。

2013y11m12d_202018378.jpg




この大きなパネルの写真とは、私は2012年春以来の再会です。



また会えたね。
くるみちゃん。
2013y11m12d_204151888.jpg



忘れていない。忘れない。
いろんな人に見ていただきましょうね。


私たち人間社会が至らなかったことで、あなたたちは平穏な暮らしを失い、
命までも失った・・・・


いろいろな問いかけを動物たちの写真から感じながら過ごしました。




一度見たという方も、まだ見たことがないという方も、彼らに会いに行ってほしいと思います。


何かを感じたら、そのことを覚えていてください。
彼らの姿とともに・・・。





来週20日(水)までです。10時~19時 知恩院 和順会館


16日(土)16時から報告会もあります。


太田康介さん、毎日会場にいらっしゃいますよ!

Photo Exhibition @ KYOTO アメリカ本部長の活躍

あっっっっっという間に11月になりましたねーー。


えすぺろさん、もうすぐ太田さんの写真展、京都であるんちゃうん。


と、海の向こうのtomotanさんから声が聞こえてきた…ような気がしました。




今回は、知恩院さんのお坊さんが主催される写真展&報告会。
知恩院さんは今、紅葉が始まり、11月1日からはライトアップもされ 絶好の観光地!


円安の影響か、このところ京都には外国のお客様がとっても多いんですね。


tomotanさん一家が英訳された写真展の挨拶文、英訳版!
これがあるとないでは、ずいぶん違うと思います。


詳細はtomotanさんブログ『ねこ&LA日記 (オハイオ編 Ohayo from Ohio!)』を読んでみてくださいね!



21世紀ならではの、グローバルなボランティア活動!
アメリカ本部長としてtomotanさんの活動が限りなく広がっていく・・・ような・・・
そんな気がしてくる妄想オバサンえすぺろなのでした。





とにかく!


私はいつも思うのです。



垣根を越えて横に広く

世代を超えて縦に長く・・・

太田康介さんの写真やご報告を多くの方に知っていただきたいな・・と。



何度でも見ていただきたい。



そして、忘れないでほしいのです。



動物たちは 人間のことを、一度だって疑わなかったと思うのです。

きっと、
「ただいまーごめんね!長いこと一人にしておいて」って家族は帰ってくると素直に思っていたはずです。



今日、出かけた私が「こねちゃん、ただいまー。さみしかった?ごめんねー」って帰ってきたように、
また、家族に抱っこしてもらえるって信じて待ちながら死んでいったのです。


そのことを、思ってほしいのです。


そして、何度も何度も言っていますが、
こんなことはもう二度と起こりませんように。


そう思っています。



tomotanさん、ありがとう!
遠いけど、遠くない!
心が近いって、とっても嬉しいことです(^^)





知恩院さんHPより
2013y11m07d_154350581.jpg

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。