スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コネおです^^


月曜日、朝はいいお天気だったのにお昼過ぎに急に雨が降り出して、ビュ~~~~ッと風が吹いたと思ったら、急に気候が変わりました。

木枯らし1号だったのかな???

そして昨日は一日肌寒く、今朝、京都は今季一番の冷え込み。7.6度だったそうです。


お父さん以外、全員寒がりの我が家は すでにヒーターが各部屋にセッティング済み(^^;
タイマーセットで床暖房&ヒーターで迎えるポカポカな朝・・・でないと、私はおふとんから出ません。絶対に!


コネたんは10月に入ってからはずうっと、なんていうんですか?これ・・・電気おざぶとん?
人間用なのですが、ちょうど一人用のホカホカカーペットみたいなの。
それを二つ、お気に入りの場所に用意しています。


こんな感じの。ペット用じゃなくてもご愛用のコネたんです。
2014y10m29d_124727102_convert_20141029125603.jpg



最近、体調はすごく安定していて 補液のための通院も2週間に1度くらいです^^
嬉しいです。


ブログをおさぼりしている間に息子もハタチになりました。
コネたんを保護したとき、おなかの中にいた息子。
「いや~~コネたんと一緒にハタチを迎えられるとは~~~^^」
と感激しています。


コネに出会った時、半年後には赤ん坊が生まれる予定だったので、正直、子猫を家に迎える、ということは考えませんでした。



前にもちょこっと書いたと思うのですが、里親さんを探すつもりでした。

でも、20年前って、ネットなどもなく、口コミか猫雑誌に掲載してもらう、コミュニティー新聞などに載せてもらうくらいしか里親さんを探す方法がありませんでした。

愛読していた猫雑誌に「里親募集」の投稿をして、掲載してもらえたのは2か月後^^;
「生後2か月くらいの赤ちゃん猫です」って書いていたけど、もうそのころは「少年コネたん」になっていました。

二か月も一緒にいたら・・・
そんなん・・・・
もう・・・・・・

そのころには、すっかりうちの子ですもん。


お問い合わせは一件もありませんでしたもん。


もう、かわいいさかりですもん。
img001_convert_20141029194829ブログ用380
ウニャン♡


すっかりうちの子になって・・・・
img004_convert_20141029194208 ブログ用 380
あああ、あぶない~~~



こんなことされたら・・・
img008_convert_20141029195926ブログ用380
ウウウニャニャン♡


もう・・・
離れられなくなってしまいました(T T)
コネたん・・LOVE♡

         『ふっふっふっ・・・ちょろい一家や(byコネ)』



保護した子を新しい飼い主さんに渡す時って・・・本当にさみしいだろうなって思います。
たくさんの猫や犬を保護している方たち…、何度も嬉しけれど寂しい・・お別れをしてらっしゃるのですよね。


私は情が移ってしまい、それができませんでした・・・
赤ちゃんと一緒に我が家の長男としてコネたんを育てよう、と決心しました。


赤ちゃんが来て、現実を受け入れられないコネたん・・・^^;
 ブログ用380





息子のハタチのお誕生日のお祝いは わりと地味でしたが(笑)、春が来てコネたんが100歳になったら盛大にお祝いしようと家族で楽しみにしています。


コネたんはあんまり関心ないみたいですけど・・・



『まーええようにやっといてんか
息子押し倒して寝とくさかい~(コネ)』
ぶろくよう
ぐぐぐ~けっこう重ひ・・・・・・・(むすこ)


共に無事20年生きてこられました(^^)
神様ありがとうございます!!

スポンサーサイト

最近思うことなどーーー御嶽山の噴火ーーー

みなさま ごきげんよう~~^^
ちょっとお休み(=おさぼり^^;)しようかなぁ~、なんて思っていたら、あっという間に二か月近くの月日が経っておりました。
びっくり・・・・!

前にこのブログを書いた頃はまだすごく暑かったのに、この頃では朝晩すごく冷えますね。


本当に時間が経つのが早いです。
脳科学者の茂木健一郎さんによると、
「時間が経つのが早い!」と感じる人は「新しいことに挑戦していない人」なのだそうです。

変わり映えのない毎日を過ごしているから時間が早く過ぎるように感じるのだとか・・・
は、反省・・・(^^;


ですが、この二か月弱の間に、世の中ではなんといろいろなことがあったことでしょうか。
私の零細ブログ(笑)を訪れてくださる方たちはお変わりなかったでしょうか。


安倍内閣が改造されて早くもほころびを見せ、
大きな台風が二つも・・
錦織圭選手が全米オープンでグランドスラムへ・・

エボラ出血熱がじわじわと世界に広がり
デング熱が国内でも発生・・・

香港では長い間学生や市民が「民主的な選挙」を求めてデモを続けています
iPhone6も発売されました。画面が大きくてちょっと気になる♡

昨日は阪神タイガースが優勝してしまいましたね^^
この勢いで行くと、日本一も・・・かも・・・

「ごきげんよう」の花子とアンも終わってしまいましたーーー

いろいろなことが日々起きていますが、
なかでも、私がとても驚いたのは 大きな犠牲が出た御嶽山の水蒸気爆発です。


この山は、娘時代に幾度となく訪れた長野や新潟のスキー場への道中 何度も見た思い出深い山です。
南アルプスの峰の中からひときわ頂を聳え立てている美しい山でした。

京都のまあるい山にしかなじみのない私にとって、南アルプスの山々はとても勇壮でちょっと怖い感じさえしたものです。


私が小さい頃には、御嶽山は「死火山」だと教わりました。
かつて噴火をしたことはあるけれど、今は活動を終えた火山、という認識でした。

しかし、その後 一度でも噴火をした火山は またいつか噴火活動をする、という認識に変わりました。


日本に100ほどもあるといわれている火山のすべては、いつかまた、いつでもまた、噴火活動を始めるのだという事・・・
御嶽山もその中の一つだったのです。

地震とは違って、火山の噴火はある程度様子がわかりやすく、予知も可能なのだろうと なんとなく、私は思っていました。

ところが、今回の御嶽山の水蒸気噴火でいろいろと報道を読んだり聞いたりして見ると・・・

まず、100ほどもの数がある日本の火山ですが、きちんと観測の体制がとられているのはその半分にも満たない40強くらいだとか。
ひとえに「予算不足」「人手不足」だということですが、
100もの「いつ活動を始めても不思議でない」火山があるというのに、日本はなんと暢気な国なのでしょうか。

それでも御嶽山は、24時間体制で観測がなされてはいました。

少し前の9月上旬、火山性微動という兆候がありました。
しかしそれは、「マグマ噴火」には繋がらないと判断され、入山制限などの措置も取られないまま事故は起きてしまいました。

火山活動には次の三つの形があり、今回の御嶽山の事故は最も前兆がわかりにくい水蒸気爆発だったということです。
2014y10m19d_104409572.jpg

さらに驚くのは、多くの火山学者が「それ以外の噴火に於いても正確な予知は難しい」と語っていることです。

『ある程度「危険かもしれない」ということは言えるが、100%の確率ではない。
そこで入山規制などの制限を加えた場合、経済的損失がでるわけで、そのことを国民のみなさんが納得するか』
という言い方を火山予知連絡会会長はしていました。

国民の意識が  命<経済  であるということなのでしょうか。


せめて、火口付近への立ち入り制限というレベル2に引き上げられていれば、多くの方が助かったのではないか・・と悔やまれてなりません。
2014y10m19d_203250775.jpg



昨日、ニュースを見ていたら 震災以降はじめての再稼働に向けて着々と歩みを進めている川内原発の住民説明会の様子が流れていました。

御嶽山の災害の後ということで、姶良(あいら)カルデラなどいくつもの大規模火山噴火の痕跡が周辺にある川内原発の再稼働に向けての動きに住民の方たちはより一層の不安を感じています。

それに対して、原子力規制委員会は「時間軸が違う話を一緒にしては困る」との発言をしています。


何万年に一度かもしれない火山噴火の危険と、人間社会の何十年、何百年、という時間軸を合わせて同時に語ることは科学的でない、ということのようですが、果たしてそうなのでしょうか。


一年365日のたった一日である9月27日・・・雨の日でも夜中でもなく…秋晴れの日の、
一日24時間の中で、ちょうど多くの人が山頂に着いた時間に水蒸気爆発を起こした御嶽山。

御嶽山にしてみれば、何万年とか短くても何百年という時間軸の中での爆発でしたが、それは、人間の営みの中で ちょうど「さぁ、山頂でお弁当を食べましょう」というタイミングに当たってしまいました。


時間軸がどんなに違っていても、最悪のタイミングに重なることはあるのです。


大昔の人たちは 地球の長い長いスパンの時間軸の方に合わせるような生活をしていたのではないかと思います。
御嶽山をはじめ、多くの山が「信仰の山」であることの意味がそこに現れているように思います。
私たち人間のほうが、自然の時間軸に合わせて暮らしを作る、というような考え方が今、必要なのではないかなぁ・・と思うのです。


原発を稼働させたい電力会社と国・・・
ここでも、  命<経済  という図を思わせます。


『火山学者が「異論」、川内原発の審査基準 』
という動画を見つけました。
はめ込みができないようなので、クリックしてくださいませ。

同じ浅はかな過ちを、何度も繰り返そうとする人間社会の在り方を考えさせられます。

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。