スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜島のペットは無事避難したようです

桜島が噴火レベル4とされたことで住民の方の避難に伴って、多くの方がペットの避難について心を砕いていらっしゃいます。

今日、いろいろと情報を見てみましたところ、
『18日、鹿児島市は住民たちからの要望を受け、家に残してきたペットを連れだした』
ということです。


桜島いつ噴火しても…避難長期化でペットも
日本テレビ系(NNN) 8月18日(火)16時35分配信



2015y08m20d_020120348_convert_20150820153617.jpg





外飼いの猫たちは大丈夫かな・・・とちょっと気になってはいます。
ペットと暮らす飼い主は、ペットたちの命も大事にできるよう普段から備えておきたいものです。


まだまだ同伴避難できるということが周知されていないことと、急なことでペットのことまで気が回らない、という方たちも多いように感じます。

自然災害の多い地域は、住民の方たちが高齢であることも多く、ご自分の身のことで精いっぱいかもしれません。

きめ細やかなサポートがあるといい、と思います。


スポンサーサイト

戦後70年

今日8月15日は「終戦記念日」です。



今年は戦後70年といろんなところで耳にしますが、70年って長いでしょうか・・
私はさほど長いとは思わないのです。


70年なんてほんの短い時間だと思います。


戦争で大切な人を亡くした方たちは今もその人の理不尽な死を思い涙を流されます。
昨日のことのようにその日を思い出し、何十年経っても、その悲しみや心の傷がいやされることはありません。


まだ日本は戦争のない社会を70年しか守っていません。

確かに人の一生の長さ、と考えた時、70年は長い時間かもしれません。
でも、子ども孫、そのまた子供そのまた・・・・と考えたら、もっともっと、もっと長い時間の平和な時が続くことが大事だと思いました。


よく、戦後長い間平和だったから、日本人は「平和ボケ」していると言われます。


「平和ボケ」という言葉、誰が言い始めたのか知りませんが本当にひどい表現です。

でも、あえてその言葉を使わせてもらうとしたら、
武器を携えて世界の紛争に加担していこう、それが日本の役目だ、と考えてしまうことこそが「平和ボケ」ではないかと私は最近思うのです。

戦争が国民にとってどういうものだったのか、ということをたった70年の平和の間に忘れてしまった人がこの国にはいるのだ・・と恐ろしくなります。



亡くなっていった兵士の多くは昨日まで職人だったりお百姓さんだったり会社員だったり・・と言った普通の人々でした。
兵士が足りなくなって、学生までが駆り出されました。

海外の紛争地域で少年が銃を持つ姿に戦慄を覚えますが、日本もほんの70年前同じようなことをしていたのです。
戦争末期には兵隊さんにも木製の銃しか行き渡らなくなり、少年兵たち自身が「使い捨ての武器」の役目を果たしました。


そして、武器を持たない、ただ普通の暮らしをしていた何万、何十万もの人々が虐殺されました。
朝起きて、朝ごはんを食べ、さあ今日も一日がんばろう、と思っている青い空に原爆は投下されました。



それが戦争なのです。



そんなことをもう一度胸に刻んで、今が「戦前」にならないようにしたいと切に思った一日でした。




暑中お見舞い申し上げます~

暑いですね~~!

みなさまいかがお過ごしでしょう。
暑中お見舞い申し上げます~

昨日、京都は公式発表38.5度の猛暑日でした。
今日も同じくらい暑くなるそうです。

でも、もう38度って聞いても驚かなくなってしまいました。
慣れるってこわいです。



先日、コネたん・・なんだか丸顔になったなぁ・・・・と思ったら 右側のほっぺだけがプックリと腫れていました。
その二日前には補液の日でびょーいんへ行っていて、その時はなんともなかったのに・・・


ゴハンも食べにくそうにしていて、食べる気はあるのに食べられない・・・って言う感じだったので急きょお医者さんへ行きました。


右がプックリ・・・
2015y08m02d_121423236.jpg



一目見てハムテルせんせは「あ!コネちゃんほっぺた腫れてるね~」「奥歯かな」
と鋭い診断をして下さいました。


高齢なので麻酔は危険、ということで、歯を抜くという処置はできません・・・
抗生剤と抗炎症剤で様子を見ましょう、と点滴していただきました。


もう、とにかくトシがトシなので、少しのアクシデントも重篤な症状へつながるんじゃないか~~~!!!と下僕は心配で仕方がなく、ウルウルした目でせんせに訴えます・・・

「せんせ!コネちゃん・・・だいじょうぶでしょうか~」


「う~~ん。ま、これで様子見ましょ。あしたまた来てね」
と冷静に対処(下僕に対して)して下さり、結局連続三日同じ処置をしていただきました。


とっても心配しましたが、三日目には腫れが引きました\(^o^)/


でも、三日連続でお医者さんに行ったのでコネたん、完全にスネてしまい、手の上に少量ずつ乗せてお口元までお運びしないとゴハンを食べてくださらなくなってしまい・・・・

下僕、つきっきりでお世話をさせていただきました。


ほっぺが腫れてから一週間・・・・
ようやくご機嫌も直り、ふだんのコネたんに戻りました。


あああ~~~よかったぁ~~~~


お医者さん通いで達観した表情になったコネさま
2015y08m02d_121609964.jpg


うふふ
かわいく撮れてるでしょう~~~^^


実は娘が撮影しましたの。


コネたん、娘にはかわいいお顔できるんですの。


さて!
そんな中、あの、世界的なフォトグラファー太田康介さんが帰省された折、新幹線の乗り換えまでのつかの間のお時間お目にかかる機会がありました。



太田家の「深窓のご令嬢」とらまるちゃんが写真集になりまして
2015y08m02d_121411770.jpg

ちょっと、サインとか、お願いしてみたら快く書いてくださったんです^^


むふふ~自慢しますね~~~

これ~
2015y08m02d_121359798.jpg



「のこされた動物たち」「待ちつづける動物たち」のご本には、絶対にサインを書こうとなさらなかった太田さん・・・


そんな性質の本じゃないですから、と頑なに拒まれました。


でもね、こちらの写真集は太田家のご自慢のお嬢さんたちの写真集。
愛と平和としゃーわせのかたまりの写真集です。


だからサインOK♡


もともとがかわいい上にプロの腕が増し加わり、本当にかわいくて楽しい姿がいっぱいです。



・・・・・コネたん、ごめんね。
長いこと生きててくれてるのにロクな写真が無くって^^;






サインOKなら、京都あたりでミニミニ「太田さんを囲む会」&「サイン会」いかがでしょう^^


また関西に来てくださるといいなぁ~


太田さん、サインありがとうございましたm(_ _)m
家宝にしますね。











プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。