スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜石の中学生と小学生

今回の災害で 大津波の被害を受けた町のひとつ
岩手県 釜石市

ここは 群馬大の片田敏孝教授(災害社会工学)を防災アドバイザーとして
津波避難マップを作るなど、津波からの被害を想定して
災害に備えていた町でした

災害発生後 いち早く現地入りした片田教授が見た風景は
それまで 釜石の行政、市民とともに作り上げてきた
防災のすべてを無に帰するほどの現状でした

防潮堤 水門 避難路マップ
完璧かに思えたハード面の防災は、あらゆる想定を超えた災害から
町を守ることはかなわなかったのです

一方で 片田教授は、時間を見つけては学校を訪れ
小中学生に 地震の、とりわけ津波の怖さを教育してきました

時に津波は 人の想定を超えるものであること
学校のある場所は津波は来ないと言われているけれど
安心しないで高台の避難場所に逃げること
避難の際は 隣り合っている小学校と中学校とで協力して
中学生がそれぞれに小学生をサポートして避難すること・・など
防災のソフトを徹底して伝えたのです

津波は 小中学校が建っている小高い丘をのみこみ
更に 避難場所としていたところにも到達していました

しかし子供たちは 片田教授の言葉を守り
中学生と小学生が手をつなぎ、その場その場の機転を利かせ 
さらに高いところ高いところを目指して
逃げていました

避難する小中学生の姿は 周辺の町の人を動かし
ともに避難を開始した多くの人の命も救いました

無事だった小中学生と再会したとき
片田教授の目には涙があふれていました
「よくがんばったね」と頭をなでながら・・

時に災害は人の想定を超えて私たちを襲います
ハード面での防災が役に立たないとき
人の命を守るのは、人の心・・そんな風に思いました

受けた防災の教育を、若い素直な気持ちで吸収し
発揮できた子供たちの力を すばらしいと感じます

自分を守る 一番大切なことではないかとも思うのです






関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。