スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道のあり方

1月20日付 朝日新聞 夕刊の一面
トップ記事

   
Image385_convert_20120121024625.jpg

   本文内容はasahi.com


たぶん 伝えたかったことは、「放浪しているダチョウを捕まえました」
と言うことなのだと思うのですけど・・・

全般に、ダチョウが悪者に仕立てられていて、「大捕物劇」の末捕まえました・・
という風に書かれている・・
まるで、ダチョウは犯罪者かのような表現でした。

写真の説明書きには 「ひとにらみする 逃走中のダチョウ」・・・。

書いた人は、個人的にダチョウが特別キライなのか、
あるいは何かよほど嫌な思いをした経験でもあるのでしょうか。


正直、この記事の意図が私には、全くわかりません。

また、夕刊とはいえ 一面トップになぜ持ってくる必要があったのか・・・
このダチョウを通して、原発事故について踏み込んだ考えでも持ったのなら
まだ、わかるのですが・・。


生きるか死ぬかの瀬戸際にいるダチョウの保護・・
それを「捕物帖」という表現にしてしまう
その さび付いた感性にも驚くのですが、
この 新聞記者は、ダチョウが福島の警戒区域を歩く姿をその目で見ても、
防護服を着た人たちが 保護する姿をその目で見ても、
そこから見えてくる問題の本質に目が行くことはなかった・・・

少なくとも、この記事からはそう感じます。
残念でなりません。



太田康介さんの「のこされた動物たち」の写真展を開催した時、
「新聞に載っていたのを見て 来ました」という声をたくさん聞きました。

私は その時、改めて新聞報道の持つ力の大きさ、人々に与える影響力の大きさを感じました。


新聞は本来、民衆の声の代弁者であるべきだと思います。
民衆に代わって、社会の問題点の本質を鋭く見抜く目を持って
ものごとを捉えてほしいと思います。


せっかく 警戒区域に足を踏み入れながら、
この記者は何を見てきたのでしょうか。

野次馬のような低俗な視点。

まるで コンビニに並ぶ大衆紙の見出しのように
「人目を引きたい」下心が見える台無しな表現。

前時代的な、茶化すような「捕物帖・・・」って・・・
読者が喜んで飛びつくとでも思ったのでしょうか。

もうちょっと違う視点で書けたんじゃないかなぁ・・・と思います。


一般人にはない物事の本質を見抜く力を持つ新聞記者に、
記事を書かせてほしいと心から願います。


日本は今、ダチョウと同じ、瀬戸際に立っているというのに・・・・


新聞記事の続きを読みたい方はこちら
  ↓
 ・・・・記事つづき・・・・・



・・・今回は、他の農場から逃げた牛や豚をつかまえている農水省関係者ら、延べ約20人が加わった。

 見つけ出す頼りは、目撃情報だ。県警の最新情報をもとに、南相馬市から富岡町までの警戒区域内を車で走り回って探す。ダチョウは敵に早く気づくように視界の開けた場所にいる習性があり、広い田んぼや校庭、見通しのいい道路にいることが多いそうだ。

 昨年12月と1月初めにも、2羽を捕獲。6羽ともダチョウ園に戻された。週2、3回のエサやりは、約6キロ
離れた福島第一原発に作業のため出入りする業者に頼んでいる。ダチョウは今後、放射能の影響を調べる大学の研究に役立てられるという。

 このダチョウ園は、観光資源にしようと富沢さんが2001年に始めた。革でバッグやベルトを作って販売。ダチョウ料理を出す食堂も開き、当初の9羽から30羽に拡大した。だが、原発事故で富沢さんはダチョウを残し、埼玉県の娘宅へ避難。3カ月後、園に戻ると半数以上が死んでいた。

 その後も何羽か死んだが、10羽ほどが、壊れた柵から逃げたとみられる。いまも逃げているのはあと2、3羽。富沢さんは「生きていてうれしい。次回は2月に実施したいので、目撃情報があれば警察や農水省に連絡してほしい」と話す。

 実は昨年10月にも2羽捕まえたが、園から再び逃げられており、だれかが手引きした可能性がある。農水省の担当者は「エサの手はずは整えてあり、餓死の心配はない。復興が本格化して車の通行が多くなると、園外にいる方が危ないので、そっとしておいてほしい」と訴える。(茂木克信)

関連記事

コメント

全文読みました。
すごくムッとしますね。 朝日かあ。
古臭い表現だし、もったいないですね、、。
無理につれてこられたダチョウの方に焦点をあっててほしかったなと思います、、、。

Re: タイトルなし

> 全文読みました。
> すごくムッとしますね。 朝日かあ。
> 古臭い表現だし、もったいないですね、、。


でしょう!!古くさいですよね~表現が・・。
だから よけいに茶化した感じがするんです。
記者さんは、たぶん 現地の方だと思います。
朝日らしからぬ記事・・に思えたので、よけいに驚いたのです。


> 無理につれてこられたダチョウの方に焦点をあっててほしかったなと思います、、、。

そうですよね。
ダチョウは被害者なのに・・
なぜ 気づかないのかな。
こんな 偏った感覚で記事を書いてほしくないです・・。
Secret

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。