スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとを取り戻したい・・川内村の決断 川内村が「帰村宣言」=4月に役場、学校再開

川内村の村長 遠藤雄幸さんが
福島県の避難区域自治体で初の「既存宣言」を行いました

  川内村が「帰村宣言」=4月に役場、学校再開-避難区域自治体で初・福島

4月には、役場や学校、診療所を再開するということですが、
実際に帰村するかどうかは村民の判断にゆだねると言うことです。


避難している多くの方は戸惑いがちで、
すぐには帰れないというような考えの方が多いようです。


村長の遠藤さんは
「村に戻らないと言う人のためにも、川内村は存在し続けなければならない」
と ニュース番組の中でおっしゃっていました。


帰らない人のために ふるさとを残したい・・・


この、切ない願いを 東電の経営者、原発推進の考えを持つ人たちは
どのように受け止めるでしょうか。


ふるさとは、その人の人生の、一番ふとい根っこだと思います。
離れて暮らしていても、その根っこがあるということが
その人の人生を支えてくれるのだと思います。

村を廃墟にしたくない・・
そんな村長さんの強い気持ちを感じる出来事でした。

この村にも 多くの犬や猫が残されています。
彼らもまた、ふるさとにみんなが戻って来ることを待ち望んでいることでしょう。


人も動物たちも願っています。
ふるさとがふるさとであることを・・・



川内村で17時に流れる「家路」
人も犬も猫も・・牛も豚も・・みんなが聞いていたメロディーです

関連記事

コメント

これは、、どうなんでしょうか? 再開というのは、、。
村を残したいというのはすごくわかりますけど、放射能の危険が去ったわけではないですもんね、、。
切ないです。 
でもお子さんは戻さないで欲しいと思ってしまいます。

東電の責任は本当に重いですよ。

Re: タイトルなし

> これは、、どうなんでしょうか? 再開というのは、、。
> 村を残したいというのはすごくわかりますけど、放射能の危険が去ったわけではないですもんね、、。

そうなんですよね・・。
結局 帰りたいのはもちろんだけど、帰れないのです。
危険だから。
でも、村長さんは それも承知の上のように感じました。

> 切ないです。 
> でもお子さんは戻さないで欲しいと思ってしまいます。
>

そうでうね。
帰ろうという人は少ないみたいです。


> 東電の責任は本当に重いですよ。


ほんとにね・・・。
私もそう思います。
Secret

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。