スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第46回衆議院議員総選挙ーー「どうせ・・」と思った人へ

第46回衆議院議員総選挙 から一週間経とうとしています。
皆さん、選挙に行って貴重な1票を投じられましたか?



かつて、日本は一定の財産のある人にしか選挙権がなかったり、女性には選挙権がなかったりという今では考えられないような野蛮な時代がありました。
20歳以上の成人に等しく1票を投じる権利が与えられている今の日本は、いい国だ、と思います。



でも、「どうせ・・・」と思って選挙に対してグレて(!)しまっていた人が多かったのではないでしょうか。
投票率は、戦後過去最低の59.39%だったということです。



さて、この「投票率」に関してとっても「なるほど!」という視点から書かれたブログがありましたので ご紹介したいと思います。



いつも様々な出来事を 多方面から捉えて鋭く かつ おもしろく書かれている、気道戦士 喉頭癌ダム さんのブログ。


トシはとってるのにボンヤリな私にとって、「目からウロコ」なことを教えていただけるテキストのような存在です。


癌ダムさんは、『 深読み投票率というタイトルで、選挙の意味をわかりやすく書いていらっしゃいました。

とにかく、まずは読んでみていただきたいのですが・・・。
企業などが行っている「マーケティングリサーチ」の方法を用いて投票率を読み解いていらっしゃいます。


特に大事だと思うところを抜粋してみます。

投票率平均と人口構成比
2012y12m22d_112609296.jpg

2012y12m22d_112626921.jpg

実は人口比で大差はないのに、投票率の低さで若い世代の民意は反映されなくなっている、ということがわかります。
2012y12m22d_112658359.jpg


2012y12m22d_112733390.jpg


2012y12m22d_112746890.jpg

このブログを読むと、「無駄とも思える投票に、なぜ行った方がいいのか」ということがよくわかります。



政治に関心を持ってくれる人=票になる人 ですから、政治家はそういう人に向けて政治を動かす、と言われればその通りですよね。


どの年代が投票に行ったか、ということはリサーチできるのです。


たとえば「年金問題」・・・若者の関心が高いとわかれば、政治は「将来の年金問題」に力を入れざるを得ないだろうし、年配の世代の方が関心が高いとわかれば、「今の年金問題」に力を入れるだろう、ということです。


未来がたっぷりとある世代が政治を見ているとわかれば きっと、未来を大切にする政治が執り行われるのでは・・・と、私は少し希望を持ちました。



実は、私も今回の選挙は「どうせ・・・」と思ったし、そもそも選ぶのがとても難しく心が折れそうになりました。
でも、せっかくの選挙権を無駄にするのはイヤだと思いました。

やはり、「1票を投じる」ことは大切なことなのです。


ブログに書く前に、ツイッターでつぶやいてみました。

2012y12m22d_102810468.jpg


わりといい反応(^^)!
若者もけっこう「お気に入り」にしてくれているような気が・・・。

癌ダムさんは「若い人に読んでほしい」と書いていらっしゃいます。
私も、そう思います。


貴重な1票は、充分に1票としての主張をなし得る、と思いました。



地元の投票率を「典型的」と紹介されている河野太郎さんのブログ
このブログの真意が今後どのように示されてくるかを楽しみに待ちたいと思います。
関連記事

コメント

Secret

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。