スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 知恩院 太田康介さん「のこされた動物たち」写真展・報告会 

2013y11m18d_115320619.jpg


京都知恩院 和順会館B1F ギャラリー和順にて
太田康介さん「のこされた動物たち」写真展 開催中です。


20日(水)まで。10時~19時
入場無料



16日土曜日は、太田さんによる報告会がありました。




2011年に太田さんの写真展をお手伝いさせていただいた際、賛同し応援してくださった京都市会議員の
隠塚 功(おんづか いさお)先生も分刻みのスケジュールを調整して駆けつけてくださいました。


2013y11m18d_131401904.jpg
   Facebookより


隠塚先生は京都市獣医師会の顧問を務められ、
京都市家庭動物センターの法案を成立させるなど、動物愛護にもご尽力なさっている議員です。

ご自宅では可愛いわんちゃんがご家族の一員だということです。

今も頻繁に福島を訪れていらっしゃるとの事で、くるみちゃんが見つかった村上という場所には、つい先日も行って来られたのだとか。
ご縁を感じました。



報告会は、初めて見る画像や映像もたくさんありました。
冒頭、これまでの太田康介さんの、カメラマンとしてのご活動の紹介も少しあり、戦場での取材の様子も初めて見させていただきました。


太田さんは80年代後半から90年代、アフガニスタン、カンボジア、旧ユーゴスラビア連邦など紛争地帯を撮影してこられたという経歴をお持ちなのです。

(詳しく知りたいと思われた方は、太田さんのブログ「うちのとらまる」の『昔の仕事写真』を読んでみてくださいね。)



太田さんの経歴を知り、やはり太田さんが福島原発20キロ圏内へと向かわれたことの発露には 報道カメラマンとしての思いがおありだったのではないかと感じました。



ご本人がそう思っていらっしゃるかどうかはわかりませんが、
ただ「動物たちがかわいそうだったでしょう」ということだけではない、もっと社会的な問いかけをされているようにも感じるのです。






今回も、救援機に乗せることができずにおいて行かれたくるみちゃんや、家で飼われていたニワトリを守るために怪我を負ったゴン太ちゃんのことなどの詳しいお話もありました。
太田さんは、時々涙声になってしまわれ 声がとぎれとぎれになることもしばしば。


写真パネルには無い、福島原発20キロ圏内の動物たちの悲惨な末路の画像、映像に、私も胸に迫るものがありました。


会場からは、すすり泣きの声があちらこちらから聞こえてきます。



私は、これまでも今回も・・・
実は「ものすごく泣く」ということができないのです。


本当は、うわーーーーっと声をあげて泣きたい・・・。
でも・・・。


ここでとめどなく涙を流してしまったら、私は弱い人間だから、それで済んだような気持になってしまう・・・
それはあまりにもあまりにも、人間を信じて死んでいった彼らに失礼なことだ、と思うのです。



そして静かな怒りの気持ちがわいてきます。
自分に対しての怒りです。
このことを「悲しい過去」に終わらせず、未来の希望へとつなぐことをしなければ 申し訳ない・・
そんな気持ちになるのです。



写真パネルや、報告会での画像や映像にふれて、感じられるところは人それぞれだと思います。



どうか、その時のお気持ちを覚えていてください。



忘れそうになったら、また 太田さんの写真展や報告会に行ってみてください。




私は時々、太田さんの写真集を開きます。



悲しい過去を希望のある未来につなげるために。
そして、人間を信じて黙って運命を受け入れた多くの動物たちのことを、決して忘れないために。



「なんとか時間を作る」とおっしゃっていた、産経新聞社の記者、山上直子さんも駆けつけてくださいました。


太田さんの思いを、ギュッとすべて新聞記事の中に書いてくださった方です。


記事はこちらから・・・
    『被災動物の現実 残された家畜やペットたち 知恩院で写真展 京都』ーーmsn産経ニュースより


太田さんとのツーショットも撮らせていただいたのですが、私の腕がiphoneのキャパを上回ってしまい、おそろしい写真になってしまいました(泣)


後日、太田さんのプロの技で復活させていただいてアップしたいと思います。
すみません!



写真展は、20日(水)まで 10時ー19時 開催しています。



一度訪れたという方も、まだという方も、交通の利便もよいところなので
ぜひぜひ、お運びください。




ライトアップもきれいです

2013y11m18d_115303855.jpg

つづく
関連記事

コメント

No title

Esperoさん こんにちは。

報告会の様子のお知らせありがとうございます。

会のたびに、新しい思いやEsperoさんの言葉に胸が突き上げられる思いです。

おっしゃる通り、太田さんの報道カメラマンとしての気持ちのメッセージが伝わってきますね。

福島の原発の4号機の燃料棒の撤去作業も、簡単な日数ではできない大変な作業が始まります。
原発の事故の怖さをあれから2年8カ月以上たっても感じます。

私達が忘れてはいけませんね・・・。


Re: masumiさま コメントありがとうございます

> Esperoさん こんにちは。

こんにちは!


>
> 報告会の様子のお知らせありがとうございます。
>
> 会のたびに、新しい思いやEsperoさんの言葉に胸が突き上げられる思いです。
>
> おっしゃる通り、太田さんの報道カメラマンとしての気持ちのメッセージが伝わってきますね。


何度かふれさせていただいている写真パネルや映像、画像、そしてお話。
聞くたびに、見るたびに いろいろな思いが湧き上がってきます。
太田さんのお気持ちは、ずっとぶれることはありませんが。



>
> 福島の原発の4号機の燃料棒の撤去作業も、簡単な日数ではできない大変な作業が始まります。
> 原発の事故の怖さをあれから2年8カ月以上たっても感じます。


極度の緊張と危険の伴う廃炉作業・・。
真面目に普通の感覚でとらえると、気が遠くなってしまいそうです。
少しずつ、もつれた糸をほぐすように慎重にやっていくしかないですね。

でも、こういう出来事が日本の各所で同時進行で起きたらどうなるのかな・・・。


>
> 私達が忘れてはいけませんね・・・。


そうなんですネ。
でも・・・忘れっぽいのが人間ですよね。
前向きに生きるということは、都合の悪いことは忘れたことにする、ということとは違うと感じるこの頃です。

No title

報告会どうだったかなーって思ってました。 良かった! ブログ待ってました~。でも、、もっと、、写真、、(笑)

ライトアップの知恩院さん、きれいですね~!! こちらは伺ったことがないので、いつか、是非、と思っています。 

悲しい過去を希望のある未来へ
すっごくいい!!この言葉。
病気とかいろいろなことに当てはまるなあって思いました。
起ってしまったことは取り戻せないけれど、未来は変えることが出来ますもんね。
小さな力を合わせていきましょう~(←えらそう?)

Re:tomotanさまコメントありがとうございます

> 報告会どうだったかなーって思ってました。 良かった! ブログ待ってました~。でも、、もっと、、写真、、(笑)


遅くなってごめんなさいーー&写真も少なくて・・。
やっぱり来てもらうしかないな(笑)


>
> ライトアップの知恩院さん、きれいですね~!! こちらは伺ったことがないので、いつか、是非、と思っています。 


大きなお寺です。八坂神社のすぐお隣で、北に向かっててくてくと山肌の道を歩いていくと、tomotan家が大好きな動物園がある岡崎に出るんですよ(^^)


>
> 悲しい過去を希望のある未来へ
> すっごくいい!!この言葉。
> 病気とかいろいろなことに当てはまるなあって思いました。
> 起ってしまったことは取り戻せないけれど、未来は変えることが出来ますもんね。
> 小さな力を合わせていきましょう~(←えらそう?)


あ!そうですね!!
病気や思いがけない悲しい出来事、いやな経験など、いろんなことにあてはまるかな?
うん!!!
力を合わせて!
tomotanさん、力持ちそうだし(笑)セメント袋で猫ごはん買ってるもん。
Secret

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。