スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林カツ代さんに教わったこと

今日はほかのことを書こうかと思っていたのですが・・・
昨日、夜になって料理研究家の小林カツ代さんの訃報に接して、何とも悲しい気持ちでいっぱいになりました。



結婚してすぐに母を亡くした私は、家事も子育ても手探り状態・・
ちょっとしたことを誰かに教えてほしい・・と思っても、気軽に相談できる人もまわりに居なくて、
途方に暮れることも多かったのです。


そんな時、私はいつも、小林カツ代さんの本を開きました。


お料理のことだけでなく、子育てのこと、家庭のこと、そして大好きでらっしゃった犬や猫のことなど、
私が教わりたい、と思っていることは大抵、本を開けば答えが見つかるのです。


小林カツ代さんは、クリスチャンでもあり 共感できる考え方をお持ちでした。
私にとっては、母のような 友人のような 師のような方でした。



ご病気で倒れられ、最近ではご子息のケンタロウさんも大きなバイク事故で療養中で、ついこの間 どうしてらっしゃるかなぁ・・・と 小林カツ代さんに教えていただいたレシピのお料理を作っていて思っていたところでした。



今日は、そんなことで心の中が悲しみでいっぱいです。
私のような何も知らない人間が、何とか子供たちをここまで育ててこられたのは、小林カツ代さんというお手本があったからなのです。


食事は、みんなで楽しく感謝していただくあたたかいもの・・・
お母さんが絶対に何が何でも手間暇かけて作ったお料理でないとダメ・・なんてことはなく、
たまにはデリバリーだったりデパ地下のお惣菜であっても、温かい家庭でみんなで「おいしいね」「ごちそうだね」といただけば、それは思い出深い食卓になる・・・そんなことも教わりました。



また、カツ代さんは、動物が大好きで、特に猫をたくさん保護してらっしゃいました。
ご自宅にもお仕事場にも たくさんの猫がいました。
お仕事場には、仲良くできなくて相性が悪いから、と「ウナギ」と「うめぼし」と名付けられた二匹の猫がいたっけ・・。


もし、東北の震災の時お元気で活動されていたら、きっと何かアクションを起こされていたことだろうと思います。
福島の動物たちのことも、一緒に考えてくださったでしょう。



野生動物もペットも分け隔てなく大切に思ってらっしゃったカツ代さん。
神楽坂女声合唱団を結成され、チャリティーコンサートを開き、保護活動などに寄付してらっしゃいました。


常に 小さき者、弱きものに心を寄せていらっしゃったと思います。


小林カツ代さんのお人柄がよくうかがえるインタビューがあったので、ご紹介したいと思います。

   小林カツ代/「安全」や「自然」より、「おいしい」料理がいちばん大事


福島原発事故の被害に遭い、子供たちをどう育てていけばよいだろう・・と思い悩む若いお母様たちのこと、カツ代さんならどんな風なご意見を示されただろう・・と今更ながら思います。



たくさんのことを教えてくださった小林カツ代さん・・・。
お別れは悲しく さみしいことですが、「私が死んじゃっても、美味しい私のレシピは永遠にそこの家の家庭料理として残るのが嬉しいわね」と生前おっしゃっていたとか・・
そうですね。
きっと多くのご家庭にレシピは引き継がれていくことでしょう。
あなたの生き方、考え方とともに。



ありがとうございました。
天国の神様のもとでお幸せに・・・。


2014y01m29d_130051608.jpg














関連記事

コメント

No title

Esperoさん こんばんは。

私も、この訃報を聞いてとても残念に思います。
料理研究家として、料理番組の先駆けのような方でしたね。
とても言葉に温かみがあって、愛情深い方だと思いました。

インタビューも読ませていただきました。
共感できることがたくさんあります。
私もお食事にたいして、感謝と楽しみがとても大切と思っています。
自分で作っても「おいしい、おいしい」って食べるんですけれど
食卓が楽しいってことは、笑顔があふれますよね。

>福島原発事故の被害に遭い、子供たちをどう育てていけばよいだろう・・と思い悩む若いお母様たちのこと、カツ代さんならどんな風なご意見を示されただろう・・と今更ながら思います。<

本当ですね・・・。病に倒れられて、8年でしたか・・・
動物たちのことも、心を痛めていらしたでしょうね。

私も、心からご冥福をお祈りいたします。

No title

小林カツ代さんの本、僕も何冊かもってますよ。
僕的には、特にケンタロウさんとの共著が面白かったかな。
同じ食材、同じ料理をテーマに
カツ代流、ケンタロウ流にそれぞれ異なるアレンジを…というスタイル。
オリジナル料理を考える上で、大いに参考にしたものでした。

・・・そうですか、エスペロ家の料理は、カツ代流なんですね。
どこのお家にも、バイブルみたいな料理の本があって
僕の家の母親の料理は「暮らしの手帳」流
家内は「家庭画報」流、娘のは「Nonnoのお料理バイブル」流
などと、それぞれに思い入れがあるものですよね。

でも、料理を作る人に共通してあるのは
「美味しい笑顔」に出会いたいからじゃないかなぁ

人という生き物は「愛想笑い」や「作り笑い」もするけれど
「美味しい笑顔」にウソはありません。
僕も、その笑顔を見るのが大好きです(笑)

小林カツ代さんはお顔は存じ上げてましたが、レシピは未経験でした。(うちは母が土井家にお世話になってました)

紹介していただいてありがとうございます。今度挑戦したいと思います。

インタビューうるっときてしまいました。最後のお写真素敵ですね。

私はケンタローさんのレシピが多いかな?結婚して割とすぐアメリカに行ったので私はBetter Homes派です。エッセ何かを買える余裕ができてからケンタローさんを知りました。カツ代さん、とても素敵な方ですよね。本は1冊しか読んだこと無いのですが、何か買ってみようかな。
ご冥福お祈りします。

Re: masumiさまコメントありがとうございます

> Esperoさん こんばんは。
>

こんにちは!



> 私も、この訃報を聞いてとても残念に思います。
> 料理研究家として、料理番組の先駆けのような方でしたね。
> とても言葉に温かみがあって、愛情深い方だと思いました。
>

本当にそうですね。
ざっくばらんな雰囲気の方でしたが、あったかい方でしたね。


> インタビューも読ませていただきました。
> 共感できることがたくさんあります。
> 私もお食事にたいして、感謝と楽しみがとても大切と思っています。
> 自分で作っても「おいしい、おいしい」って食べるんですけれど
> 食卓が楽しいってことは、笑顔があふれますよね。


インタビュー読んでくださったのですね!
おいしいものをみんなで楽しく食べると、少しくらいの嫌なことは忘れてしまいます(^^)
楽しい雰囲気も「ごちそう」のうちかなって思います。


>
> >福島原発事故の被害に遭い、子供たちをどう育てていけばよいだろう・・と思い悩む若いお母様たちのこと、カツ代さんならどんな風なご意見を示されただろう・・と今更ながら思います。<
>
> 本当ですね・・・。病に倒れられて、8年でしたか・・・
> 動物たちのことも、心を痛めていらしたでしょうね。
>
> 私も、心からご冥福をお祈りいたします。


ご意見を伺ってみたかったです。
特に、原発事故以降の「食の安全」について、福島のお母様方は様々な苦悩をかかえてらっしゃいます。
カツ代さんなら、どんなふうに考えられたかな・・・と思うんです。
とても残念です。

Re: 癌ダムさま コメントありがとうございます

> 小林カツ代さんの本、僕も何冊かもってますよ。
> 僕的には、特にケンタロウさんとの共著が面白かったかな。
> 同じ食材、同じ料理をテーマに
> カツ代流、ケンタロウ流にそれぞれ異なるアレンジを…というスタイル。
> オリジナル料理を考える上で、大いに参考にしたものでした。


そうなんですね!
ケンタロウさんと楽しそうに共演してらっしゃいましたね。


>
> ・・・そうですか、エスペロ家の料理は、カツ代流なんですね。
> どこのお家にも、バイブルみたいな料理の本があって
> 僕の家の母親の料理は「暮らしの手帳」流
> 家内は「家庭画報」流、娘のは「Nonnoのお料理バイブル」流
> などと、それぞれに思い入れがあるものですよね。
>

母も「暮らしの手帳」でした(^^)
あと、NHKの「今日の料理」は毎日見ていたんじゃないかな。
私はお料理もですが、お母さんとしてそう生きるか、というようなこともカツ代さんに教わりました。



> でも、料理を作る人に共通してあるのは
> 「美味しい笑顔」に出会いたいからじゃないかなぁ
>
そうそう!そうですよね(^^)



> 人という生き物は「愛想笑い」や「作り笑い」もするけれど
> 「美味しい笑顔」にウソはありません。
> 僕も、その笑顔を見るのが大好きです(笑)


ほんと!
おいしいものを食べておなかが満たされていれば、ケンカや争い事も少なくなるように思います。
癌ダムさん家のご家族、お幸せでしょうねーー!
ほんとに毎日おいしそうですもん!

Re: みゆさま コメントありがとうございます

> 小林カツ代さんはお顔は存じ上げてましたが、レシピは未経験でした。(うちは母が土井家にお世話になってました)
>
> 紹介していただいてありがとうございます。今度挑戦したいと思います。


今もレシピを掲載しているサイトがあります。
是非参考にしてみてくださいね(^^)

>
> インタビューうるっときてしまいました。最後のお写真素敵ですね。


すてきな方でした。
猫の表情がうっとり~としていていいですよねー(^^)

Re: tomotanさまコメントありがとうございます

> 私はケンタローさんのレシピが多いかな?結婚して割とすぐアメリカに行ったので私はBetter Homes派です。エッセ何かを買える余裕ができてからケンタローさんを知りました。カツ代さん、とても素敵な方ですよね。本は1冊しか読んだこと無いのですが、何か買ってみようかな。
> ご冥福お祈りします。


お料理も、ですが、エッセイに書かれている子育てのことや人生観や生活のちょっとしたことなんかが、私にはひとつひとつ、心に染み入るものでした。
よかったら、何か読んでみてくださいネ。
動物のこともたくさん書かれていますよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

小林カツ代さんのことは、テレビで拝見する元気の良いお母さん。って感じくらいしか知らなくて、猫の保護などをされていると、この記事で知りました。

「そんな時、私はいつも、小林カツ代さんの本を開きました。」って、えすぺろさんの言葉、なんだろう、そういう経験があるわけじゃないのに、懐かしいような共感がおこりました。
それで、あぁ、小林カツ代さん、ありがとう!って気持ちになりました。
ちょっと意味不明ですね(笑

エッセイ、読んでみようかなって思います。

それから遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします^-^

Re: momeさま コメントありがとうございます

> 小林カツ代さんのことは、テレビで拝見する元気の良いお母さん。って感じくらいしか知らなくて、猫の保護などをされていると、この記事で知りました。


こんにちは!
エッセイをたくさん出版されていて、そこにはお料理のことより犬や猫や子育ての話などがたくさん(^^)



> 「そんな時、私はいつも、小林カツ代さんの本を開きました。」って、えすぺろさんの言葉、なんだろう、そういう経験があるわけじゃないのに、懐かしいような共感がおこりました。
> それで、あぁ、小林カツ代さん、ありがとう!って気持ちになりました。
> ちょっと意味不明ですね(笑


なんとなくわかるような(^^)
私はまさに、小林カツ代さんありがとう!!!なんですけどね。
いっぱい教えていただきましたから(^^)


>
> エッセイ、読んでみようかなって思います。
>
> それから遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします^-^


あれ・・・そうでしたっけ。
今年もよろしくお願いいたしますーー\(^o^)/
Secret

プロフィール

Espero Lumo

Author:Espero Lumo
ようこそ*^^*
1994年生まれ22歳のおじーちゃん猫「コネちゃん」の下僕です。
ゆる~い更新ですがよろしかったらお付き合いくださいませネ。

最新記事

フリーエリア

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。